Credit: 高森朝雄・ちばてつや / 講談社

Point
■30年ぶりに全面改訂された国際疾病分類(ICD)が今月世界保健機関WHO)へ提出され、初めて「燃え尽き症候群」が病気として認定された

■ICDは世界で統一的な診断基準を提示するために編纂された手引書で、病院や保険会社の病気判断基準として広く使用されている

■他にもビデオゲームギャンブルと並んで中毒として認定されている

「燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな…」

燃え尽きバーンアウト症候群という症状を知っているだろうか?

これはある日突然、意欲が燃え尽きてしまう状態のことだ。発症前は周囲が心配するほど熱心に仕事に取り組んでいたのに、ある大きな仕事を一山超えたら、仕事もプライベートも一切興味がなくなり、何もやる気が起きなくなってしまう。

これは単純な気分の問題なのか、それとも精神障害と判断して良いのか、これまで非常に曖昧に扱われていた。

しかし、今後燃え尽き症候群は国際的に正式な精神障害として扱われることになる。

燃え尽き症候群については、WHO加盟国により2022年1月1日の発効に合意されているICD-11に疾病として記載される。

ICDとは?

ICDとは、世界で統一した診断基準を提示する目的で、国連WHO(世界保健機関)により作成されている疾患の分類の手引書だ。

ここに正式に記載されるということは、その症状が病気として認められたことになる。

しかし、精神疾患の診断基準というと、「DSM」という手引書も有名なため、「どう違うの?」と疑問に思う人もいるかも知れない。

DSMは米国精神医学会から刊行されている精神疾患の分類診断手引書であり、精神疾患に限定された手引書だ。

ICDはWHOが国際的な同意を得て作成していて、精神疾患以外にも全ての身体疾患・障害についても包括的に分類している。そのためDSMは国の病気認定などでは利用されてはいない。

病気の認定、判断としてはWHOの発効するICDの方が重要ということになるわけだ。

燃え尽き症候群はどう判断するのか?

燃え尽き症候群については、うつ病との区別が難しく、40年近くに渡り研究されていながらも病気とは認定されていなかった。

研究者はこの理由について、診断基準よりも症状の原因や要因に焦点を当てた研究が多く、この疾患の概念が曖昧なままにされていたことを挙げている。

今回病気認定を行ったICDでは燃え尽き症候群の診断基準に次のような条件を挙げている。
1.エネルギー枯渇または消耗感
2.その人の仕事からの精神的距離の増加、またはその人の仕事に関連した否定的な感情
3.仕事への達成感の低下

また原因は職業環境に限定されており、生活状況、趣味などの原因は除外するべきであるとされている。

待ちに待った大作ゲームクリアしたら何もやる気になれなくなった、とかそういうのはおそらく燃え尽き症候群に含まれないので注意しよう。

それでも「ゲームは遊びじゃねえんだよ!」 と言う主張される場合には、この度ビデオゲームギャンブル同様、中毒症状の原因として認定されたそうなので、そちらの方面で医師に相談されることをお勧めする。

なんで燃え尽きちゃうの?

Credit: 高森朝雄・ちばてつや / 講談社

この症状は、発症前は周囲が心配するほど熱心に仕事に取り組んでいるような人ほど、陥りやすいようだ。

熱心に仕事に取り組んでいた時期と、大きな仕事を終えた後の精神的な落ち込みの落差が非常に激しいという特徴がある。

発送すると、とにかく何もする気が起きない。人と距離を置きたがる。突け離す様な態度を取る。事務仕事に専念する。何をやっても成し遂げたという実感が持てない。またはそれを予期することで達成感が薄れる。という状態が見られるようだ。

なんか当てはまる、という人は注意した方がいいだろう。

この症状が問題化している原因について、心理学者は「職場の労働者に対する要求が大きくなっている」ことを挙げている。

現代の多くの人々は少ないリソースからより大きな成果を出すことを要求され、正しく労働を評価されない場合が増えている。

そうなると、大きな仕事ほど、達成感が薄れ、やりがいを感じづらくなる要因になる。また、大きな仕事をこなしても達成感を得られないということへの予感が、新しい仕事へ取り組むことへの嫌気に繋がっている。こうした連鎖が、プライベートな物事に対しても意欲を失わせてしまうのだ。

この解決には、職場の誠実さや共感、思いやりが重要だと心理学者は述べているが、1つには自分たちでもやりすぎには注意するということも必要なのだろう。

求められている以上のことを無理してやることはないという、心の余裕が仕事に取り組む際には重要なのかもしれない。

寝るときは真っ暗がベスト。寝室のわずかな照明がうつ病のリスクを高める

reference:who,cnn,3aw/written by KAIN
WHOが「燃え尽き症候群」を病気認定