ダレノガレ明美 

(C)まいじつ

ダレノガレ明美が5月28日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。同番組でのエピソードトークがたびたび炎上を招いてしまう彼女だが、この日は自ら話を切り出すことはなかった。視聴者は「今日、ダレノガレの出番がなかったのでは」と騒然。「さては問題発言をしたのだろう」などとダレノガレに批判が寄せられる展開となっている。

【関連】ダレノガレ明美『 アンビリバボー』での“浅い感想”に呆れ声 ほか

ダレノガレは濱口優や『霜降り明星』の2人、矢田亜希子、青森のユニットりんご娘』の王林らと出演した。

 

「問題発言でカット?」ダレノガレ明美『さんま御殿』出番は皆無

エピソードトークはなし「ギャラもらうなよ」

この日、ダレノガレが番組内のトークで口を挟んだのは、元柔道五輪金メダリストの松本薫がエピソードを披露した場面だった。夫が料理人という松本は自宅で料理を作る際、夫に後ろから手を出されて火の量を調整されることが「イラつく」と明かした。「家庭の料理だからいいじゃん」と不満を覚えるという。

夫の火の調節なしでも「結局味は同じなんです」と主張する松本に、ダレノガレが介入した。「あんまり味のことが分からない人は同じというけれど、よく分かる人は…」と言いかけたところで周囲から「怖い、怖い」と発言を制される展開となった。

この後もダレノガレは「えーっ」などと他人の発言にリアクションを取ることはあったものの、事実上出番は皆無。いつもは奔放な発言でお茶の間を沸かせるダレノガレだけに、出番が極端に少なかったことに首を傾げた視聴者は多かったようだ。ツイッターでは、

《この番組で話してるとこ全くないってことがあるんだ》
《1回もしゃべってなくない?》
《ダレノガレおる意味あった? 出なくていいよ》
《さては…王林を虐めてカットされたな》
さんま御殿カットだったのは、トークで人をイラッとさせたから?》
《ダレノガレいらなさすぎやろ、ギャラもらうなよ》

などといった声が殺到した。

奇妙なほどに出番が少なかったのは確か。ダレノガレに何が起こったのだろうか。