2018年10月ドイツケルンで開催された「インターモト」でベールを脱いだ新生カタナ。以来、当Motor-Fan.jpでは、常に最新情報を追い続け、記事を掲載してきた。そして19年5月、カタナはいよいよ日本で正式デビューを飾った。カスタマーへのデリバリーももうすぐ始まるはずだが、その注目度はさらに増すばかり。そこで今回は、これまでの主なカタナ関連記事をまとめてみた。これらを読めば、カタナのすべてがわかる! ※写真をクリックまたはタップすれば、当該記事アクセスできます。

h2スズキ・カタナついに復活!「New SUZUKI KATANA」【ケルン・インターモト2018】

1980年ケルンショーベールを脱いだGSX1100Sカタナ。世界的な人気モデルとして多くの熱狂的なファンを生み出し、2000年まで生産されたことは広く知られている話だ。あの「ケルンの衝撃」とまで言われた鮮烈デビューから38年、同じケルンの地で、ついに新生カタナがベールを脱いだ。

h2復活スズキ・カタナ! 走行シーンなどなど「New SUZUKI KATANA」【ケルン・インターモト2018】

2018年10月2日ケルンで開催されているインターモトでベールを脱いだ新型カタナ。詳細は既報の通りだが、新たに走行シーンなどの写真を入手したので紹介しよう。国内発売のタイミングは未定だが、ひとまず写真を眺めて期待を膨らませよう。

h2【速報 動画レポート】新型「KATANA(カタナ)」日本での発売も!? インターモト2018

スズキ株式会社は、10月2日から7日までドイツケルンで開催されている二輪車の国際見本市 「インターモト」において、海外向け大型二輪車の新型「KATANA(カタナ)」を発表した。

動画レポート●ケニー佐川(SAGAWA Kentaro)

h2エンジンの仕様が明らかに! スズキ・カタナ詳密解説【第一弾】 /New SUZUKI KATANA

ケルンで開催されているインターモトでベールを脱いだ新型カタナの詳細が明らかになってきた。ディテール写真とともにご紹介しよう。

REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

h2ハイエンドな技術が超満載! スズキ・カタナ詳密解説【第二弾】 /New SUZUKI KATANA

ケルンで開催されているインターモトでベールを脱いだ新型のカタナ。その詳細の第二弾をお届けします!

REPORT●北秀昭(KITA Hideaki)

h2新型スズキ・カタナの新色とアクセサリー装着車がEICMAでお披露目【SUZUKI KATANA】

イタリアはミラノで開催中のEICMA2018にて、新型スズキ・カタナの新色とアクセサリー装着車が披露された。2019年とされる欧州での発売に向けて期待は高まるばかりだ。

h22019新型カタナにブラック登場! 西部警察を彷彿とさせる!?【SUZUKI KATANA】

イタリアはミラノで開催中のEICMA2018にて、全身に黒の塗装を纏った新型スズキ・カタナが披露された。黒いカタナは「ブラックカタナ」として、往年のファンの間でも人気の高い色。過去のカタナになかった黒い純正カラーに、大きな注目が集まっている。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

h2ヨシムラの最新マフラーを装着した新型スズキ・カタナがかっこよすぎる

3月22日(金)に開幕した東京モーターサイクルショー2019で、東京での初めてのお披露目(ジャパンプレミア一週間前の大阪モーターサイクルショー)となった新型スズキ・カタナだが、会場には早くもそのカスタマイズパーツが数多く展示されていた。そのなかでも最も注目を集めていたのが、ヨシムラのスリップオンマフラーだ。前衛的スタイルがウリのカタナだけに、モダンデザインマフラーかと思いきや……。

h2【試乗レポート】新型カタナ、走って分かった40年の技術の進歩

2018年秋、カタナ復活の報せに、世界中のバイク好きが歓喜した。発売時期は? 価格は? まだヴェールに覆われている部分の多い新型カタナに、モータージャーナリスト和歌山利宏さんが乗った。

h2【ズバリ140万円】遂に! 新型KATANA(カタナ)、価格とスペック明らかに!/スズキ

スズキ株式会社は、大型二輪車 新型「KATANA(カタナ)」を5月30日より日本で発売する。その速報レポート!

h2【車体設計担当者に聞いた”新型カタナのコト”】 「フロントタイヤを潰してコーナリングするスポーティさが魅力なんです」

スズキ5月24日、都内で報道発表会を開き、新型「カタナ」の国内発売を正式発表。税込み価格1512000円で、2019年5月30日より発売スタートです。また、チーフエンジニア、車体設計担当者にインタビューさせていただくことができ、新型カタナをより詳しく知ることができました。

REPORT●青木タカオAOKI Takao)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke

h2カッコ良すぎ! 新型スズキ・カタナ用の純正アクセサリーが早くもスタンバイ

2019年5月24日(金)に発表されたばかりの新型スズキ・カタナだが、早くもズラリとラインナップされた純正アクセサリーにも注目が集まっている。数々のカーボンパーツカラーシートといった上質感を高めてくれるドレスアップアイテムから、グリップヒーターのような実用装備まで、「とりあえず全部!」と言いたくなる出来映えと品揃えだ。

h2新型スズキ・カタナにも採用されているローRPMアシストって何?〈GSX-R1000Rにも、SV650にも〉

スズキがさまざまな車種への搭載を推し進めている「ローRPMアシスト」なる機構。率直に言って“地味”な装備のため、専門誌などでもなかなか大きく取り上げられることはない。しかしこれ、初心者からリターンライダー、そして上級ライダーまで、みんなが笑顔になれるとっても優れたシステムなのだ。

h2「新型カタナ」がストリートでエキサイティングなワケは、GSX-R1000(K5)エンジンにヒミツが隠されていた!!

新型カタナのエンジンは「GSX‐R1000」の998cc並列4気筒エンジンベースに改良されたものですが、“K5”と呼ばれる2005〜08年のパワーユニットが用いられています。このK5エンジン、じつは「GSX-S1000 ABS」にも使われ、好評を博しているのです。10年以上も前に設計されたエンジンにも関わらず、一体なぜなのでしょうか!? 新型カタナ開発陣にうかがってみました。

REPORT●青木タカオAOKI Takao)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke

h2耕耘機ハンドルなんてもう言わせない! 新型カタナのアップハンドル採用には理由があった。

初代カタナ=GSX1100S KATANAでは、ライディンポジションが前傾姿勢となるセパレートハンドルが標準装備されていましたが、国内仕様のGSX750Sでは当時の自主規制から“セパハン”の装備が見送られ、アップハンドルが採用されました。これは「耕耘機ハンドル」などと呼ばれ、不評に。オーナーらはこぞってセパハン化し、これに対し警察が取締り(“刀狩り”と恐れられました)をおこなう事態となってしまいます。そんなエピソードが残るカタナのハンドル。新型のアップハンドルにも注目が集まっていますが、開発テスト担当者の意見を聞くことができました。

REPORT●青木タカオAOKI Takao)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke