動画配信サービスYouTube」を傘下に持つGoogleは,2015年に配信を開始したゲーマー向けアプリ,「YouTube Gaming」のサポート2019年5月30日に終了すると発表した。今後は一時的に,ブラウザベース「YouTube Gaming」サービスを統合しつつ,新たな展開を模索していくという。

リンク「YouTube Gaming」サポートページ(英語)

 ゲーマー向けのコンテンツクリエイターを集め,登場時には“Twitchキラー”として注目されたアプリ版「YouTube Gaming」だったが,クリエイター達がせっかく作ったコンテンツでも,アプリインストールしたユーザーにしか見つけてもらえないという,「ディカバラビリティ」の大きな問題が指摘されていた。そのため,多くのクリエイター達がYouTube Gamingを使わなかったり,ブラウザベースYouTubeと併用したりしたことからサービスの意味がなくなり,2019年に入ってからはGoogle Play ストアのリストから姿を消していた。

 クラウドゲームサービスStadia」(関連記事)によってゲーム市場に大きな影響を与えそうなGoogleだが,「Google Plus」や「YouTube Music」,さらに「Google Buzz」「Google Spaces」「Orkut」など,中止になったプロジェクトも意外に多い。うまく基盤を作れなければ,割とあっさり方針転換するドライな一面も持ち合わせており,良い意味で悪い意味でも,変わり身の早い企業だといえそうだ。

 現在のゲーム関連動画の配信では,「録画した映像や企業の動画はYouTubeだが,実況はTwitchで行う」という住み分けができている印象だ。「Fortnite」で大人気になったコンテンツクリエイターの“ニンジャ”ことタイラー・ブレヴィンス(Tyler Blevins)氏のように,登録したファン向けのゲーム実況Twitchで配信してから,編集したものをYouTubeに置いておくというのがパターン化していると思われる。固定ファンが多く,市場として魅力的なゲーム実況Googleが簡単にあきらめるとは思えないので,今後の動きにも注目していたい。

―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/999/G999904/20190529021/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

Googleのゲーマー向け動画配信アプリ,「YouTube Gaming」のサポートが5月30日に終了