弁護士法人ITJ法律事務所は、弁護士による退職代行サービスの価格を19,900円(税込)に改定したと発表した。

■退職を切り出したら圧迫面接で強引な引き留めに遭い辞めるに辞めれない状況に
退職したいけどなかなかできない、内定を辞退したが強引な説得にあっている。期間の定めのない契約、いわゆる正社員の場合、会社を辞めるのに会社の許可は必要ない。しかし、日常的にパワハラがあるなどの理由で退職を言い出せないという人が多くいるという。同事務所の退職代行のサービスでは、弁護士が代わりに退職の申し入れを会社に行い、以降の退職に伴う連絡はすべて弁護士が行ってくれる。法律の専門家による退職代行なので、相手の意味不明な説得やありもしない法律論を華麗にスルーできるのも大きな魅力だ。

■会社辞めるだけで5万円とかあり得ないし
退職代行の平均的な価格は、3万円~5万円程度と中々のお値段。退職代行サービスの利用者の増加にともない、弁護士資格を持たない退職代行専門業者が多く出てきており値段も上がってきている。実は弁護士ではない者が代理人として会社と交渉をすることはできないのだ。

専門業者へ依頼する方が、結果的にトラブルを抱え最終的に弁護士に依頼をするというケースもある。弁護士が適正な価格で退職代行サービスの依頼を受けることができれば、結果として無資格業者へ依頼する必要もなくなるだろう。

■退職依頼は資格を持つ人を代理人にするのが大原則
弁護士資格を持たない退職代行業者へ依頼をした場合、その業者は依頼者の要望を単に伝えるだけなので、思うような結果が出なかったり、本人じゃないので退職処理をしてくれない、ということもあるようだ。

退職代行を依頼する人の中には、退職金や最後のお給料がきちんと支払われないのではないか、と心配する場合もあるだろう。退職代行を使って会社をやめることで、会社側が怒って本来支払われるべきものが払われないのでは、と考えるのも無理はないことだ。当然、退職金や給料は支払われなければならないが、万が一支払いがなかった場合でも、弁護士なら交渉が可能だ。

相談をする人の職種は様々だが、中でも多いのは介護職や看護師の人。やはり一般的に人手不足とされている職種の方が、退職しにくかったり、引き止めにあうケースが多くあるようだ。

弁護士費用
費用:19,900円(税込)
■退職代行サービスに含まれる内容
勤務先への退職の内容証明による通知とその後の対応
貸与物の返却
私物の回収
離職票の発行
※会社より宅配にて荷物が送られてきた場合の送料は実費を負担。
■便利な相談方法
事務所への来所、電話、メールLINEを使っての相談がすべて無料。
LINEhttps://line.me/R/ti/p/%40quc0536n
相談専用ダイヤル: 0120-838-894
事務所概要
弁護士法人ITJ法律事務所
代表弁護士弁護士 戸田 泉(第一東京弁護士会所属)
所在地  : 〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6階
営業時間 : 平日、毎月第二土曜日 9:30から18:30 ※変更になる可能性がございます。
定休日;日曜・祝日
アクセス : JR新橋駅 烏森口 徒歩7分、都営三田線内幸町駅 A3出口 徒歩5分、銀座線虎ノ門駅 1番出口 徒歩9分

弁護士法人ITJ法律事務所

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
注目度向上中!手軽に動画広告を自動生成できるサービス「RICHKA」を展開するカクテルメイクが2.1億円の資金調達を実施
自分の遺伝子を人のために役立てることが可能に! GHCが企業への遺伝子提供プラットフォームを開発
埼玉県、チャット形式で気軽に相談できる埼玉県AI救急相談を試行導入
LINE Pay、決済機能に特化したユーザー向けアプリをリリース
インフォネット、「AI Smart Roomキャンペーン」のAlexaスキル「アパマンショップ」第1弾のサービスを開始