QU&ROW

スーツスタイルに合う“ただの”腕時計なら世の中に多くありますが、どうせなら何かしらのこだわりを持ちたいところ。
時計というとブランドメーカーに注目しがちですが、視認性に優れているとか国産であるとかそういった部分にこだわることも大切です。

日本ではSEIKO、OMEGAやROLEXなどの海外製が勢いを増すため、腕時計ステータスにしている方にとって国産腕時計というのはどうしても“弱い”と言わざるを得ません。

ROLEX デイトジャスト

そこで今回は、あえて純国産にこだわって製造された腕時計QU&ROW』をご紹介します。
「日本の技術は世界に誇れる宝物である」ということがとても伝わってくる仕上がりとなっていますので、普段は国産に興味がないというかたも最後までぜひご覧ください。

QU&ROW

匠の技術が光る国産腕時計

QU&ROW』は時計本体の製造からパーツの組み立てまで、その全てを国内の工場で行う本格機械式腕時計です。
ブランド名の『QU&ROW』はQuality+Rowの造語で、熟練の職人により一つ一つ丁寧に作り上げられた品質と、素材本来の良さをそのまま感じられる腕時計として名付けられました。

QU&ROW

時計本体のケースは、国内老舗工場の熟練職人によりステンレスを削り出して加工しており、日本の技術力の高さを肌で感じることができます。
ベルトにはイタリアの老舗レザーメーカーグイディ社の革を使用し、高級革らしい上質な質感を心ゆくまで堪能することができるでしょう。

QU&ROWデッサン

Made in Japanへのこだわり

QU&ROW』はなぜそこまでMade in Japanにこだわるのか、そこには大量生産には表現できない日本ならではもモノづくりに対する想いが背景にありました。
熟練職人の伝統技術を詰め込んだ腕時計は、時間を見るだけでなく着用する楽しみを私達に提供してくれます。

海外製と違ってアフターフォローも万全ですし、安心して長く使い続けることが可能です。

製造工程

QU&ROW』のディテール

それでは次に、『QU&ROW』のこだわりのディテールについてご紹介します。

ケース

ケース

「これぞ匠の技!」と言わしめる美しい仕上がりは、まさにジャパンクオリティといっても過言ではありません。
一台一台ステンレスを削りだし、全面、側面、裏面を徹底的に研磨して立体感のある仕上がりにしました。

ムーブメント

ムーブメント

日本製にこだわるからには肝心のムーブメントも妥協なく、ということで信頼と実績のMIYOTAムーブメントが採用されています。
MIYOTAは部品の製造から組み立てまでを全て国内で行っていますので、国産にこだわる『QU&ROW』には最適なムーブメントといえるでしょう。

ベルト

ベルト

100年以上の歴史を持つイタリアの老舗レザーブランド「グイディ社」の高級革を使用。製造しているのはこれまた国内の老舗時計ベルトメーカーBAMBIです。
品質は折り紙つきですので、使い込むほどに表情豊かに、そして味わい深くなっていってくれることでしょう。

厳選されたラインアップ

QU&ROW』はビジネスシーンでも使えるネイビー・ブラック・ホワイトの3種類のフェイスを用意しました。
ケースサイズ38mmなので大きすぎず小さすぎず、ダイヤカット加工による時字は視認性抜群です。

ラインナップ

表面にはもちろん裏面にもサファイアガラスを採用、隅々までこだわった国産腕時計であなたの腕元を飾ってみてはいかがでしょうか。
QU&ROW』の価格は¥64,800~となっており、発送は2019年6月頃を予定しているとのことです。

QU&ROW

参照元:makuake.com

合わせて読みたい:

素材とデザインを最適化した腕時計『WATCH3701』


ORIENT STAR RK-AF0002S

関連製品│ORIENT STAR RK-AF0002S ¥44,074

※掲載価格は2019年5月29日時点のものです。