社長の独裁色の強いワンマン経営の会社では、入社から数年で事業内容がガラリと変わってしまうということがあるようです。

社長
※画像はイメージです(以下、同じ)
 今回、話を聞いたのは大学で演劇部に在籍していた田島大希さん(仮名・29)。彼は舞台で活躍する俳優を目指していたそうですが、25歳になったタイミングで夢を諦め、勤め人になることを決意したといいます。

運良く条件の良い会社に内定。しかし問題も……

「これといったスキルもないし、なかなか働き口が少なくて……。足しげくハローワークに通い、ようやく決まったのが都内にある広告代理店でした。

 基本はルート営業で、打ち合わせといいつつ、ほとんどメールや電話で済むことばかりで、自虐的に言うと伝書鳩みたいな役割でした。にもかかわらず、給料は思ってたより悪くありませんでした」

 都内に多数不動産を所持する人物がオーナーだったため、案の定、典型的なトップダウン型の会社だったのですが、田島さんは何のためらいもなくヨイショできる“太鼓持ち気質”なので、気難しいと評判のオーナーにも気に入ってもらえたそうです。

 しかし基本給は悪くないものの、いくら成果を上げたところで、昇給はオーナーのさじ加減ひとつ。そんな独裁に腹を据えかねる人も一定数いたため、エース級の社員が腹心の部下を数名連れて独立するのが恒例となっていたとか。

増える空きデスクを眺め、ぼんやりと過ごす日々

 田島さんと年齢の近い営業マンも、ご多分にもれず会社を去っていきましたが、退社直前まで何も知らされていなかったそうです。

「気兼ねなく話せる仲だと思っていただけにショックでした。今思えば彼には、僕のようにあまり頑張らない社員を食わせてやってるという意識があったのかもしれません」

 独立騒動は数年に一度、起こっていたそうですが、そのたびに社員が十分に補充されるということはなく……。

「櫛の歯が欠けたように、空きのデスクが増えていきました。にもかかわらず業務量自体は変わらず。当然売り上げ落ちているでしょうから、多少は不安にはなりましたけど、日々ぼんやりと過ごしていました」

全社会議でオーナーがまさかの新事業を発表!

 マイペースを崩さない田島さんでしたが、とある日に行われた全社員参加の会議でオーナーが告げた一言にはさすがに驚いたそうです。

「なんと港区の一等地にガールズバーを開業するって言いだしたんです。これからは徐々に広告代理業から飲食業にシフトしていくと。税金対策なのか、自分の城を作りたかったのか、悪い友人にそそのかされたのか、真意は不明でした……」

 社内に残っているのは日和見主義のイエスマンのみ。田島さんもガールズバーにスタッフとして勤務することになってしまい、疑問の余地を挟む間もなく、サラリーマン兼バー店員の生活が始まります。

「僕は飲食店でバイトした経験があったので、わりと早く順応できました。なので昼間は偉そうにふんぞり返っている中年の上司を夜に指導するという、“立場逆転現象”が起こり、なかなか面白かったですよ」

バー店員を兼任する日々に疲弊していき……

入社後ギャップ

 肝心の経営面ですが、開店直後は取引先や身内が付き合いで来店してくれ、それなりに繁盛していたとか。

 しかし1杯目のお酒で何時間も粘って女の子を口説き続けるチャラ男、開店から閉店まで居座り愚痴を吐き続ける窓際社員、頑なにチャージ料金の支払いを拒否する一見さんの外国人など、一癖も二癖もある相手を続けるうち、精神的に疲弊していきます。

 そして、ご祝儀期間は長くは続かず、わずか数か月で閑古鳥が鳴くようになっていきます。バー営業にかまけて肝心の代理店業がおろそかになっていくと、場所に見合った家賃や、女の子たちの給料も払えなくなってしまいます。せっかく雇った女の子が1人、また1人と抜けていき、最終的には男性社員が接客するだけの、ただのバーになってしまったとのこと。

立ち行かない経営に、オーナーが下した決断とは

社長

 そんな惨状を知ってか知らずか、久しぶりにふらっと訪れたオーナーは、女の子が1人もいないことにショックを受けたようで、数日後またもや驚きの決断を下します。

「なんとガールズバーもろとも広告代理店も畳むって言いだしたんです。幸いなことに退職金も出るし、昼夜通しての激務に疲れ切っていたので、僕は流れに乗ってすんなり辞めました。

 もしどんな状況になっても存続すると言われていたら、優柔不断な性格なので退社するタイミングを失っていたかもしれません。一方、ガールズバーで働くことになっても会社にすがり付きたかった中年社員たちは、『この先どうしよう』と顔を青くしていました」

 独裁者の意見がまかり通る会社を避けたい田島さんは、評判を精査して転職活動に臨み、現在は“民主的”な会社で働いているそうです。

「さすがにガールズバーで働けって命令されることは一生ないでしょうね(笑)

― 特集・新入社員がおどろいた「入社後ギャップ」 ―

<取材・文/蒲須坂正男 イラスト/小池祐子(@ikeko322)>

【蒲須坂正男】

30歳サラリーマンライター。趣味はラジオを聴きながら散歩すること。ローカルな駅でふらっと降りて、口コミやレビューがない店に入るのが好きです。