リヴァプールは今夏に元イングランドU-20代表MFライアンケントウェールズ代表MFハリーウィルソンを放出することになりそうだ。28日にイギリス紙『ミラー』などが報じた。

 リヴァプールレジェンドであるスティーヴン・ジェラード氏が監督を務めるレンジャーズレンタル移籍中のケントは、今季のスコティッシュ・プレミアシップで23試合に出場し、6得点6アシストの成績を残した。

 レンジャーズケントを完全移籍で買い取ることを目指しているが、フルアムとハダースフィールド、来季のプレミアリーグ復帰を決めたアストン・ヴィラもその獲得に関心を示しており、リヴァプールの要求額1200万ポンド(約17億円)を用意しているアストン・ヴィラが同選手の獲得競争をリードしている模様だ。

 一方のウィルソンは、レンタル先のダービー・カウンティで公式戦49試合の出場で18得点6アシストと大活躍を見せた。同選手には、クリスタル・パレスニューカッスルサウサンプトンブライトンなどの国内クラブ以外にも、ドイツのアウグスブルクやヘルタ・ベルリンフランクフルト、そしてスペインクラブも関心を示しているという。

 ウィルソン本人も安定した出場機会が得られるクラブへの移籍を望んでいるため、今夏のリヴァプール退団は濃厚と見られている。同クラブは同選手の移籍金に2000万ポンド(約28億円)を設定しているようだ。

ダービーで印象的な活躍を見せるウィルソン(左)とジェラード監督の指導下で成長中のケント(右)[写真]=Getty Images