アーセナルに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのユニフォームを着ていたファンが、アゼルバイジャンで警官の職質を受けたようだ。28日にイギリススポーツ専門チャンネルSky Sports』が報じている。

 29日(日本時間28時)に行われるUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝戦でチェルシーと対戦するアーセナルだが、ムヒタリアンの母国アルメニアとEL決勝開催地のアゼルバイジャンが国交を断絶しているため、ムヒタリアンは決勝に帯同しないことがすでに決まっていた。

 タイから来た2人のアーセナルファンは、現地入りしてからムヒタリアンのユニフォームを着て通りを歩いていたところを、アゼルバイジャン警察の警官に呼び止められたようだ。拡散された映像では、警官がトランシーバーを使ってしばらく連絡を取り合った後、2人のファンを解放した場面が映し出されていたという。

 センシティブな政治問題は、ファンにも思わぬ影響を与えてしまった。

ヘンリク・ムヒタリアンを取り巻く問題が、思わぬところに波及した [写真]=Getty Images