埼玉西武ライオンズ6月4日(火)から『日本生命セ・パ交流戦』がスタートする。このうち、6月にホームメットライフドームで開催されるのは、以下の試合となる。

6月4日(火)~6日(木):広島東洋カープ
6月11日(火)~13日(木):読売ジャイアンツ
6月14日(金)~16日(日):東京ヤクルトスワローズ

広島東洋カープとの3連戦は前リーグ王者が相手ということで、負けられない一戦となるだろう。昨年の日本シリーズでは対戦できなかっただけに、大きな注目が集まる。プロ野球最強チームはどちらなのか。見応えのある試合展開を期待したい。

読売ジャイアンツとの一戦で思い起こすのは、やはり2008年日本シリーズだろう。あれから時はたち、当時を知る選手は少なくなり、立場が変わった選手もいる。今の両チームはどのように変化を遂げたのか楽しみにしたい。

また、オフにジャイアンツに加入した炭谷銀仁朗捕手に出場機会はあるか。元ジャイアンツで、現在はライオンズに在籍している内海哲也投手や高木勇人投手の出番はあるのか。様々な因縁がぶつかりそうだ。

そして、東京ヤクルトスワローズ戦は、破壊力のある打線による激しい激突が予想される。互いに応援に特徴があるチーム同士、どちらが迫力のある応援ができるのか。フラッグ応援vs傘応援という、スタンドの攻防にも注目したい。

埼玉西武ライオンズで6月4日(火)に『日本生命セ・パ交流戦』がスタート