湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』(2019年6月21日公開)の公開を記念し、6月4日6月11日に『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』がそれぞれ地上波初放送決定。新作公開前に、世界を魅了してきた湯浅監督の両作を楽しめることとなった。

【大きい画像を見る】『夜明け告げるルーのうた』(C)2017ルー製作委員会


このたび、地上波放送が決定した両作品は、Netflixで配信中の『DEVILMAN crybaby』をはじめ数々の話題作を世に送り出した湯浅監督の長編作品だ。



夜明け告げるルーのうた』は、寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)を舞台に、心を閉ざした中学生のカイが、人魚の少女・ルーとの出会いと交流を通して、本当の気持ちを伝えることの大切さを教えてくれる青春感動ストーリー
夜は短し歩けよ乙女』は、ちょっと風変わりなベストセラー青春恋愛小説を原作に、クラブの後輩“黒髪の乙女”に思いを寄せる”先輩”と、その仲間たちが巻き起こす騒動を描いている。



夜明け告げるルーのうた』は2019年6月4日25時55分から、『夜は短し歩けよ乙女』は6月11日26時25分からフジテレビにて地上波初放送。
そして待望の最新作『きみと、波にのれたら』は6月21日から全国ロードショー

<以下、コメント全文掲載>
湯浅政明監督】
夜は短し歩けよ乙女』は少しお酒を飲みながら観たら楽しいかもしれません。
夜明け告げるルーのうた』は観終わるころにちょうど夜が明けますね。(笑)
きみと、波にのれたら』を観る前に是非楽しんでいただけたらと思います。

(C)2019「きみと、波にのれたら製作委員会
(C)2017ルー製作委員会
(C)森見登美彦KADOKAWA/ナカメの会【ほかの画像を見る】『きみと、波にのれたら』(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

『きみと、波にのれたら』(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会