ブラックスーツサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関の活躍を描く大人気SFアクションシリーズの新作『メン・イン・ブラックインターナショナル』が、6月14日(金)より日米同時公開となる。そのキャストの一人で、近年多くの大ヒット作に出演してきたテッサトンプソンについてご紹介しよう。

【関連記事】テッサも出演する『アベンジャーズ/エンドゲーム』を読み解く!過去作の伏線を徹底解説

本作でテッサが演じるのは、新人エージェントM。チームを組むのはエージェントH役のクリス・ヘムズワース。彼とは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』と『アベンジャーズエンドゲーム』でヴァルキリー&ソーとしてすでに共演し、息の合ったところを見せている。クリスの役がチャラい先輩エージェントということで、再びボケとツッコミ的な名コンビぶりを披露してくれそうだ。

ロサンゼルスまれのテッサは、2005年に『コールドケースシーズン2の、1930年代に白人女性と恋に落ちるミステリアスビリー役で俳優デビュー。以降も『グレイズアナトミー』『ヴェロニカマーズ』『HEROESヒーローズ』『デトロイト 1-8-7』『リゾーリ&アイルズ』といった話題のドラマに出演し、キャリアを積む。その後、アカデミー賞作品賞にノミネートされた『グローリー/明日への行進』や日本でも大ヒットした『クリード』シリーズに重要な役で参加し、米HBOの大作ドラマウエストワールド』ではシーズン1からレギュラーを務め、前述の通りマーベル映画入りも果たしている。

シンガーソングライターとして活躍する父親マークアンソニートンプソンの影響もあってか、自身もシンガーソングライターとして音楽活動を行っているテッサ。『クリード』シリーズではミュージシャン役として見事な歌声を披露しただけでなく、その楽曲の一部を自ら手掛けてもいる。2018年に『クリード』のマイケル・B・ジョーダンらとともにIMDbの「ブレークしたスター・アワード」を受賞した彼女は、ロマコメ『Sylvie(原題)』やスリラー『Passing(原題)』などが待機中だ。

ハリウッド注目のテッサMIBシリーズに新たな魅力を吹き込む『メン・イン・ブラックインターナショナル』は、6月14日(金)日米同時公開。(海外ドラマNAVI

Photo:

『メン・イン・ブラックインターナショナル』のテッサトンプソン(右はクリス・ヘムズワース)