京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)では、高尾登山電鉄株式会社(本社:東京都八王子市、社長:船江 栄次)が開催する「高尾山ビアマウント」に合わせ、6月15日(土)から10月14日(月・祝)までの土・日・祝日に、新宿駅高尾山口駅行の臨時座席指定列車「京王ライナー」を1本運行します。

京王ライナー
高尾山ビアマウント(昨年の様子)
 これは、新宿駅高尾山口駅行の京王ライナーとして、新宿駅から府中駅まで直通で運行し、その後は高尾山口駅まで特急停車駅(分倍河原・聖蹟桜ヶ丘高幡不動・北野・めじろ台・高尾・高尾山口)に停車する臨時座席指定列車です。また、乗車特典として高尾山ビアマウント」のご利用が300円引き(シニア、高校生以下のお客さまを除く)となる割引券を新宿駅から府中駅間の車内で配布します。
 高尾山ビアマウント」は、6月15日(土)から10月15日(火)まで、ケーブルカー高尾山駅に隣接する高尾山展望施設で毎日13時から21時まで開催される、飲み・食べ放題の2時間制バイキングです。

 京王ライナー5000系車両を使用し、座席はクロスシートのほか電源コンセントやフリーWi-Fiの利用も可能で、座席指定料金は一律400円です。なお、京王チケットレスサービス(要事前会員登録)では、運行日の7日前の7時から発車1分前まで購入できます。
 詳細は下記のとおりです。

1.臨時座席指定列車「京王ライナーの運行について
(1)運行日 
 6月15日(土)~10月14日(月・祝)の土・日・祝日
 15:40新宿駅発 → 16:33高尾山口駅

(2)停車
 新宿駅発 高尾山口駅行(京王ライナー 87号)
 ※新宿駅のみ発車時刻を記載
 ※その他一部の駅では、一旦停車しますが、乗降はできません。
(3)乗車特
 「高尾山ビアマウント」のご利用が300円引き(シニア、高校生以下のお客さまを除く)となる割引券を新宿駅から府中駅間の車内で配布します。
 ※高尾山ビアマウントの入場を確約するものではありません。予約や待ち時間などの詳細は高尾山ビアマウントのHPをご確認ください。URLwww.takaotozan.co.jp/beermnt/
 ※割引券は1枚につき1名様まで有効です。
 ※割引券の有効期間は2019年6月15日(土)から10月15日(火)までです。
(4)使用車 
 5000系車両 (10両編成・クロスシート
座席指定料金 
 400円
 ※別途、乗車券が必要です。
 ※府中駅以降からご乗車される場合、座席指定料金は不要です。
座席
 438席(満席になり次第終了)
購入方
 京王チケットレスサービス(要事前会員登録)では、運行日の7日前の午前7時から発車1分前まで購入できます。新宿駅の券売機では運行当日に空席がある場合のみ、運行当日始発から購入できます。発売終了は発車1~5分前で、券売機の設置場所により異なります。
 ※京王チケットレスサービスhttps://www.keio-ticketless.jp/keio-web/top.xhtml
 ※京王チケットレスサービスの優先予約サービスに登録されているお客様は、7日前の午前6時から購入できます。

2.高尾山ビアマウントについて
(1)営業日  2019年6月15日(土)~10月15日(火)
(2)営業時間 13:00~21:00ラストオーダー 20:45)
(3)アクセス ケーブルカー高尾山駅徒歩すぐ
(4)席   最大800席
(5)メニュー 飲み放題・食べ放題2時間制バイキング
メニュー一例
   男性  3,800円
        女性  3,600円
        シニア男性(65歳以上)3,500円
        シニア女性(65歳以上)3,300
        高校生 3,300
        中学生 2,500円
        小学生 1,500円
        幼児(3歳以上 小学生未満) 500円
        ※料金はすべて税抜です。
        ※ご利用時間が2時間を過ぎた場合、お一人様あたり延長料金が、平日は500円、土・日・祝日は1,000円が30分ごとに加算されます。

3.お客さまのお問い合わせ先
(1)京王ライナーなど鉄道に関するお問い合わせ先
  京王お客さまセンター TEL.042-357-6161(9:00~19:00
(2)高尾山ビアマウントに関するお問い合わせ
  高尾山ビアマウント  TEL.042-665-9943(9:30~17:00
                                                
                                                以 上

配信元企業:京王電鉄株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ