メイン画像

6月前半は全国的に気温がかなり高く、西日本では少雨の状態が続く所がありそうです。梅雨入りの見通しなど、この先の天候の特徴を最新の1か月予報をもとにまとめました。

この先1か月の天候のポイント

全国的に暖かい空気に覆われやすく、6月前半は気温がかなり高くなる見込みです。北日本や東日本、西日本の日本海側は前線や低気圧の影響を受けにくく、降水量は平年並みか少ない一方で、日照時間は平年並みか多いでしょう。西日本では6月前半は少雨の続く所がありそうです。沖縄・奄美は前線や湿った空気の影響を受けやすく、降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ないでしょう。

1週目(6/1~7) 全国高温

全国的に気温が高いでしょう。5月下旬のような記録的な暑さとまではいかないまでも、7月並みの高温となる所が多く、関東から九州では、晴れれば最高気温が30度を超える所がありそうです。暑さ対策を万全にしてお過ごしください。
北海道や東北、北陸は高気圧に覆われやすく、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。平年だと西日本では続々と梅雨入りする頃ですが、前線の位置は九州の南に予想されます。このため関東や東海、近畿から九州の日本海側は低気圧や前線の影響を受けにくく、雨が降っても長くは続かないでしょう。一方、近畿から九州の太平洋側と、沖縄・奄美は前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなりそうです。

2週目(6/8~14) 高温続く 梅雨入りは?

全国的に高温傾向が続き、特に関東から九州は平年より気温が高いでしょう。北海道や東北の天気は数日の周期で変わりそうです。関東甲信や東海の梅雨入りの平年は6月8日ごろですが、前線は九州南部から奄美付近に停滞するとみられます。関東や東海、北陸と、近畿から九州の日本海側では前線の影響を受けにくく、平年に比べて曇りや雨の日が少ないでしょう。梅雨入りは平年より遅れる可能性もあり、梅雨入りしても傘が必要な日は少なくなりそうです。近畿から九州の太平洋側は前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多いでしょう。沖縄・奄美は梅雨空の日が多くなりそうです。

3~4週目(6/15~28) ようやく梅雨入り?

平年では梅雨のない北海道をのぞいて広く梅雨入りしている頃ですが、前線の位置は平年より南に位置する見込みで、北海道や東北、北陸では平年より曇りや雨の日が少ないでしょう。関東や東海、近畿から九州では、この頃までには雨の季節を迎えている可能性が高く、平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうです。6月後半は気温が平年並みに近づきますが、関東から西では前線の影響でジメジメ・ムシムシする日が多くなるでしょう。カビや食中毒が気になる頃です。室内では定期的に換気をし、お弁当は傷まないよう、工夫しましょう。

6月も暑すぎる? 梅雨はどうなる? 1か月予報