「現代ホスト界の帝王」と称される歌舞伎町カリスマホスト、ROLANDローランド1992年生まれ)をご存じでしょうか。



ブランドローランデール」を手掛け、今年ヘアオイルとサプリを発売(ローランデール リリースより)



「世の中には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か」などの俺様名言で知られ、ご本人によると1日の最高売り上げは5500万円! 現在はホストクラブの経営やコスメのプロデュースなどのかたわら、テレビにもしばしば出演しています。


 2019年に入って、写真や名言を集めた展覧会「Ro LAND~ 俺か、俺以外か~」を東京、福岡、名古屋、札幌、広島で開催(現在は名古屋パルコで6/2まで開催中)。握手会には行列ができ、東京・福岡の来場者は4万人を突破したそう。
 また、今年3月11日に刊行された初の著書『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』(KADOKAWA)が10万部を突破するなど、勢いが止まらないのです。



 大学を自主退学して18歳でホストの世界に飛び込み、給料5万円の下積み時代もあったというローランド。その向上心はハンパなく、特に「美しさ」の追求には相当額を投資しています。そこで、ローランドの美について、美容整形外科・高須クリニックの高須克弥院長に聞きました。教えて、かっちゃん


◆普通の日本人顔は、整形でローランド顔になれるか
――金髪がトレードマークローランドは、著書によると、髪の手入れに命をかけているそうです。院長も金髪ですが、なぜ金髪にしたのですか?


高須「僕は、僧侶になるとき剃髪にしたから、その後、髪を伸ばすとき途中の段階で、専属のカリスマ美容師から進められて、銀髪→金髪にしたんだ。今は、白ジャケット+金髪は僕のスタイルとして定着して、ものまね芸人…ガリットチュウ福島さんやイジリー岡田さんにも浸透してるね。


――ローランドは、メディアで美容整形に1000万円以上かけたと公言しているところも、好感度が高いみたいです。以前の源氏名で出演したバラエティ番組『ヨソで言わんとい亭』(2015年10月15日放送、テレビ東京深夜)では、帝京高校サッカー部時代の写真を公開して、鼻や歯などの整形を詳しく明かしていました。
 過去写真はここに掲載できないのですが、日本男児らしいゴツい顔立ちですね。


高須「そうだね。まず、有村藍里さんと一緒で口元がちょっと出てるね。本人もそこが気になっていたから口元(歯)に凄くこだわったんじゃないかな。
 あと、いわゆる豚鼻だったのが、鼻の穴が目立たなくなってるね」



ローランデール」リリースより



――『ベルサイユのばら』のオスカル様にもっとも近い日本人とも言われているローランド。普通の日本人顔の人が、オスカル顔になりたいと思ったら、どこをいじったらいいでしょうか?


高須「まず、鼻はプロテーゼによる隆鼻術と耳介軟骨移植(耳の裏の軟骨を移植する)。
 あと、高須クリニックではやってないけど『L型プロテーゼ』を入れる場合もあるね。
 L型プロテーゼの注意しなくてはいけないことは、マイケル・ジャクソンのように、将来高齢になったとき鼻先の皮膚が薄くなってプロテーゼが飛び出す可能性があります。靴下を履き続けると、かかとに穴が空くようなものだね。


 それから『小鼻縮小』。左右に広がった小鼻を縮小することで、鼻の穴が目立たなくなります」



小鼻縮小手術(画像:高須クリニック公式サイトより)



◆小顔は手軽なエラボトックス注射が人気
――目はいかがですか? あんなぷっくり涙袋が欲しいです。



ローランドリリースより



高須「切開式二重と、涙袋形成(ヒアルロン酸注射)ですね。
 涙袋はちょっと前から流行りだったからね。
 ここでも気をつけなくちゃいけないのは、涙袋は将来目の下のたるみの原因になるから、飽きたらヒアルロン酸分解・溶解(ヒアルロニダーゼ注射)で涙袋を元に戻すことをおすすめするね。


 それから、ゴツい輪郭をシュッと細くするには、エラのボトックス注射、または骨切り(エラの骨を切る・削る)。今は、大掛かりな骨切りよりもボトックス注射のほうが手軽で人気があるよ」



トックス注射によるプチ小顔術(画像:高須クリニック公式サイトより)




◆白く輝く歯にはお金がかかる
――それから、ローランドは前述の番組で、輝く白い歯にする施術に500万円ぐらいかかったと言っていました。歯ってそんなに高くつくのでしょうか?



ローランドリリースより、ローランド写真館



「歯の施術には、人工歯を埋め込む『インプラント』と、上からセラミックをかぶせる『ファインオールセラミック』があります。


 まず、インプラントはやっぱり高額だね。人工歯根をアゴの骨に埋め込んで、上部構造体(人工歯)をかぶせるんです。クリニックにもよるけど、1本40万くらいが相場かな。高須クリニックの場合は『人工歯根+上部構造体』で1本32万~35万円。


 通常人間の歯は、親知らずを外すと、上14本、下14本です。すべてをインプラントにするのは考えられないので、見える部分(上8本、下8本)をインプラントにすると、40万円×16本=640万円。全部やったら1120万円。これではベンツのSクラスが買えちゃうね(笑)


 一方で、セラミックをかぶせる治療は、一番高級なジルコニアでも1本12万~15万円。これなら28本全部やっても300万~400万円くらいでできます」


コスパのいい方法なら、総額289万円ナリ
――はぁ~、生まれ変わるにはお金がかかりますねえ…。いま伺ったのを全部やると、合計いくらかかるのでしょうか?


高須「高須クリニックの料金で計算すると、
プロテーゼ入れ:35万、耳介軟骨移植:35万、小鼻縮小:35万、切開式二重:25万、涙袋ヒアルロン酸:10万、エラの骨切り:120万、歯のファインオールセラミック28本:336万で、合計596万円。


 でも、同じような感じでさらに見栄え良くしても、ここまでの金額をかけなくてもいいんじゃないかな。エラの骨切りの代わりにボトックス注射にして、歯のファインオールセラミックは12本でいい。
 そうすると、プロテーゼ入れ:35万、耳介軟骨移植:35万、小鼻縮小:35万、切開式二重:25万、ボトックス注射:10万、アゴヒアルロン酸:5万、ファインオールセラミック12本で、計289万円だね」



高須院長



――ちなみに、ローランドは著書でこう書いています。
「見た目が変わると、社交的になれたり、自分に自身が持てたり、毎日が楽しくなったりする。実は、中身を変える一番の方法が、見た目を変えることだったりする」。
 これ、高須院長の持論と同じじゃないですか?


高須「ほんとだね。人間は外側から内面を作ることができる。内面が変われば人生が変わる。だから『美容医学は幸福医学』なんですよ」


=================


 ちなみに、著書『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』の印税は、「カンボジア子どもたちの育英と、東日本大震災をはじめとする日本各地の復興のために全額寄付」するそうです。ローランドと高須院長、けっこう気が合いそうじゃありません?


<文/女子SPA!編集部>


【高須克弥】【プロフィール
1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。近著は『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』、『炎上上等』、続編で最新刊の『大炎上』など



ブランド「ローランデール」を手掛け、今年ヘアオイルとサプリを発売(画像:ローランデール リリースより)