TOKYO MX地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月~金曜7:00~)。5月24日(金)の放送では、人生100年時代の“資産運用”について意見を交わしました。

◆「資産寿命」延ばし方の心構え

金融庁5月22日(水)、人生100年時代に向け、長い老後を暮らすための蓄えにあたる「資産寿命」の延ばし方について、初の指針案をまとめました。指針案は、政府が年金など公助の限界を認め、国民の「自助」を呼びかける内容に。書かれている資産寿命の延ばし方の心構えは、以下の通り3つの時期に分けられています。

①現役期(30歳頃~50歳半ば)
・早い時期から少額でも積み立て、分散投資を
・老後を意識し、資金の現状を「見える化」する
・長期的に付き合える金融機関の選定

②退職前後(50歳半ば~70歳頃)
・もう少し長く働くことを検討する
・退職金の額などを早期に確認する

③高齢期(70歳頃~100歳頃)
・自らの資産額に応じて計画的な取り崩し
・要介護など心身の状況に応じて、資金計画の見直しをする
認知症になった際、お金の管理をどうするか検討しておく

ファッションWebマガジン「lamire」編集長の塚原由莉さんの周囲では、資産運用している人は、ごく一部だそう。自身が運営するWebマガジンで調査をしたことがあるそうで「節約などに関しては非常に関心が高く(資産運用への)関心は高いものの実際にはあまり貯金できていないのが現実」とのこと。自身の将来についても「消費税も上がりますし、年金の問題もあるのでお金に関しては少し不安がある」と吐露します。


◆「ふざけるな、という感じ」

キャスターの宮瀬茉祐子は、「(フリー)で会社員ではないので、自助はしておかなきゃと意識している」と言います。年金をあてにするのではなく、iDeCo(=イデコ/個人型確定拠出年金)を運用するなどし、「少しずつですが、自分でできる範囲のことをしている」と打ち明けます。

矢野経済研究所 社長の水越孝さんは、第一声で「ふざけるなという感じ」と語気を強め、「15年前に『年金100年安心プラン』を掲げていたばかりなのに」と指摘します。

さらに、会計検査院が4月に公表した国民年金厚生年金の積立金の運用状況に関する調査結果について触れ「(価格変動率が高くリスクも大きい)株式運用比率を24%から50%に増やしたことに警鐘を鳴らしている。2018年10~12月期には、約15兆円の損失を出している。人のことよりも、まずは国のほうが投資を学びなさいと言いたい」と憤りを示していました。


番組では、視聴者に「老後の蓄え、年金以外に何かしていますか?」というテーマで、生投票を実施しました。結果は以下の通りです。

◆老後の蓄え、年金以外に何かしていますか?
預貯金……723票
資産運用……483票
何もしていない……902票
その他……171


※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイトhttp://s.mxtv.jp/morning_cross/

認めた“公助の限界”…国の「資産運用呼び掛け」識者が怒り