矢本悠馬が、7月よりスタートするドラマべしゃり暮らし」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)に出演することが分かった。

【写真を見る】上妻(間宮祥太朗)&辻本(渡辺大知)コンビにはさまれ、楽しそうな矢本悠馬

同作は、森田まさのりの漫画が原作の、本気で漫才に取り組む高校生・上妻圭右(間宮祥太朗)と辻本潤(渡辺大地)の奮闘を描いた青春お笑いストーリー

矢本が演じるのは、主人公・圭右の親友であり一番のファン・子安蒼太。笑いを極めようと奮闘する圭右を支えながら応援する、重要な役どころとなる。

矢本は、「人気の漫画なのでプレッシャーも感じますが、今はあえて何も考えずに子安を演じようと思います」と作品に臨む姿勢を語る。

間宮と矢本は、2014年ドラマで共演したのをきっかけに意気投合。現在も公私ともに深い親交を続けているという。

間宮は、矢本との共演について「子安役は悠馬だろう、とずっと思っていました。漫画を読んでいた時から、すでに悠馬を思い浮かべていたので、本当にベストキャスティングだと思います」と自身のイメージにぴったりはまった配役を称賛。

また、矢本も間宮との共演に関して、「現場に面倒くさいのがいるなと思いました(笑)」と親友らしい冗談を飛ばしながらも、「学生の頃から好きな漫画『べしゃり暮らし』を、仲の良い人と演じられるのは、何か運命的なものを感じて、感慨深いです」と共演を喜んだ。

■ 矢本「会う前から興味ありありでした」

さらに矢本は、今回初共演の渡辺について、「会う前から興味ありありでした。実際に会ってみたら、めちゃくちゃピュアで、かわいい人です」と、好印象を受けた様子。

一方の渡辺は、矢本について「現場が楽しくなるような空気を作ってくれるムードメーカーだと感じています。頼もしく心強いですし、一緒にいてとても楽しいです」とすでに信頼を寄せる胸の内を明かした。

さらに、矢本は間宮と渡辺のコンビについて、「原作からそのまま出てきたようで、本当にはまり役だと思います。カメラが回っていなくても2人が話しているだけで、圭右と辻本に見えます」とコメントした。(ザテレビジョン

矢本悠馬が主人公の親友・子安蒼太役で「べしゃり暮らし」に出演!(写真左から、渡辺大知、矢本、間宮祥太朗)