日ハム加藤は7回までノーノー快投、ホークス千賀は初黒星 西武戸川はプロ初本塁打

 パ・リーグは31日、各地で3試合が行われた。

 楽天はヤフオクドームソフトバンクに3-1で競り勝ち、首位に並んだ。同点の8回、茂木の適時打などで2点を勝ち越した。先発の辛島は打たせて取る投球で7回3安打1失点で4勝目。ソフトバンク自律神経失調症から復帰した中村晃が2回に適時二塁打を放ったが、打線は4安打1得点。先発の千賀は8回3失点と好投したものの、今季初黒星を喫した。

 日本ハム京セラドームオリックスに4-0で完封勝ち。今季初の5連勝を飾った。先発の加藤は7回まで無安打投球。8回先頭で安打を許して降板したが、今季最長7回0/3を1安打無失点に抑えて今季2勝目。敗れたオリックスは2安打と打線が沈黙。3連敗となった。

 西武はZOZOマリンロッテに3-2で競り勝った。1点ビハインドの5回に戸川のプロ初本塁打、外崎の適時打で逆転。投げては先発の高橋光が7回途中2失点で今季5勝目。ロッテは7安打も2点どまり。今季3度目の4連敗で借金3となった。(Full-Count編集部)

楽天・平石洋介監督【写真:荒川祐史】