著作権者に無断でアップロードされた人気漫画などを載せた海賊版サイト、「漫画村」が問題視されたのは記憶に新しい。

その漫画村が接続不能になっておよそ1年、同じ名前を名乗るサイトが2019年5月31日までに出現。「アイシールド21」や「BLEACH」、「化物語」など、人気漫画のデータが上がっている。しかし、サイトには多くの不正広告などが組み込まれていることもあり、識者は「アクセスしてはだめです」と注意を促す。

ツイッターアカウントも存在

サイトでは、「ROMANCE」や「COMEDY」、「DRAMA」など複数のジャンルを選べるようになっており、39種類に及ぶ。ツイッターではその公式を名乗るアカウントが存在。「どのマンガを読みたいかをコンメンお願いします。アップロードします(編注:原文ママ)」と呼び掛けていたほか、「このウェブサイトを維持する為、経費が必要なので、広告にクリックしてお願い致します」と求めていた。

このアカウントは登録は2019年5月。このツイッターアカウントから、同サイトに飛べる状態だ。

このサイトを識者はどう見ているか。J-CASTニュース編集部では31日、ITジャーナリスト三上洋さんに話を聞いた。

三上さんによると、「見た目のドメイントップページのデータは、ドイツアメリカにそれぞれ本社があるサーバー会社にある」としつつも「本当にここを使っているのか、実際のサーバーは別のところにあるのかは調査しきれてない」と話した。

識者「不正な広告、詐欺広告がたくさん出ます」

サイトの外見について、三上さんは「色合いやデザインは旧漫画村に似ている。アップロードの仕方も似ている」と分析するが、「作りだけでは、『前と同じ犯人だ』というのは全然できないので、何とも言えないです」と語った。

サイトを見ていると、漫画は5月上旬ごろからアップをして、1週間置きで各最新刊を入れている。三上さんは、「漫画村と同じように、かなり組織立ってやっているグループなのかなという気はします」と推測する。

一方、サイトにアクセスすると、セキュリティソフトが複数回反応。「脅威」が検出されたり、アドレスブロックされたりした。三上さんによれば、ウイルスだとはっきりわかるものはなく、危害を与えるとみられるプログラムスクリプトマルウェア)も見た限りではないが、「詐欺広告はたくさん出てくる」と指摘。「あなたのパソコンウイルスに感染しています」といったものや、「偽セキュリティソフトを導入させる詐欺広告」、さらには、「当選しました。アイフォンがもらえます」とうたう内容もあったという。数多くのアダルト広告もあった。

サイトの収益状況を三上さんは「広告の出し方もバナー広告だけでなく、ページを開くごとに別ウィンドウを開かせて、アダルトや詐欺(広告)やらを開かせるパターンも多い。不正広告を受け入れている広告配信会社と契約して、金をもうけているのかも」とみている。

三上さんは、サイトにアクセスしないよう注意を呼び掛けた。

明らかウイルスではないですが、不正広告、詐欺広告がたくさん出るので、アクセスしてはだめですアクセスしただけでウイルスに感染するとは言いませんが、しただけで不正な広告、詐欺の広告がたくさん出ますし、もしかしたらパソコンスマートフォンに危害を与えるようなものも入る可能性があります」(三上さん)

J-CASTニュース編集部 田中美知生)

「漫画村」を名乗るサイトより(画像加工)