アニメソング界のトップアーティストが一堂に会する世界最大のアニソンイベントAnimelo Summer Live」(以下、アニサマ)が、今夏開催の「Animelo Summer Live 2019 -STORY-」(以下、アニサマ2019)で15回目を迎える。

【大きな画像をもっと見る】

そんなアニバーサリーイヤーの「アニサマ」を記念して、アキバ総研がこれまでのアニサマを1年ごとにプレイバック

当時のアニサマにも参加したアニメアニメソング大好きライターに、思い出とともに語っていただき、2019年8月30日、31日、9月1日の3日間にわたり開催される「アニサマ2019」を盛り上げていこう!

というわけで、第3回はさらに多彩な出演者、演出でさらなるパワーアップを果たした「Animelo Summer Live 2007 Generation-A」だ!

今回は、当時、現場でライブを目撃した幡野敬が担当する。
【アニサマ15年目記念企画!歴代アニサマプレイバック!!】第1回「Animelo Summer Live 2005 -THE BRIDGE-」風雨を吹き飛ばした原点のステージ!
【アニサマ15年目記念企画!歴代アニサマプレイバック!!】第2回「Animelo Summer Live 2006 -OUTRIDE-」「ハレ晴レユカイ」が武道館に衝撃を与えた、伝説のステージ!

 

Animelo Summer Live 2007 Generation-A」

・開催日:2007年7月7日

・会場:日本武道館

テーマソング:「Generation-A」作詞・作曲:奥井雅美/編曲:MACARONI☆、Monta

 

会場は昨年に引き続き日本武道館アニソン界最大級のライブとして夏の風物詩となったアニサマが迎える3度目の夏。「Generation-A」のテーマのもと、17組のアーティストと、約12,000人のアニソンファンが集結。約5時間、全39曲、年齢、職業、性別に関係なく、アニソンを通して強い絆が生まれた至福の時を、筆者自身が参加した当時の記憶を交えつつ振り返りたい。

 

最初に登場したのは、奥井雅美さんと水樹奈々さん。アニサマではおなじみとなった、オープニングスペシャルコラボレーションに大歓声!「輪舞-revolution」で魅せる、アニソン界のディーヴァ2人によるボーカリゼーションに圧倒された。続くは奥井さんのソロ。6人のダンサーを従えて、キレキレのダンスパフォーマンスを見せてくれた。アニサマで踊りたい! そんな奥井さんの想いが伝わってくる「-w-」は、とてもスタイリッシュなナンバー。踊りといえば、テーマソング「Generation-A」も、奥井さんの作詞・作曲で、キャッチーなディスコサウンドになっていた。遊び心もたっぷりで、アーティストごとに歌い分けがされている歌詞に、その人をイメージさせるフレーズが散りばめられた明るいナンバーで、バラード(「ONENESS」)、ロック(「OUTRIDE」)に続く、新たな音楽性を持つテーマソングとしてフレンドリーな雰囲気を醸し出していた。

 

 

初出演のアーティストも多数参加、印象的なステージを見せてくれた。まずは、MCでアニソンへの想いをたぎらせた桃井はるこさん。アニソンへの愛と感謝が詰まった「WONDER MOMO-i」は、“萌えはロックだ”を具現化するようなキラーチューンで、激アツだった。前年SOS団の一員としてアニサマゲスト参加、「ハレ晴レユカイ」でスーパーダンスを披露した茅原実里さんも「純白サンクチュアリィ」で、念願だった歌手活動を再開させ、この大舞台に戻ってきた。初々しさもありつつ、堂々としたステージングだった。「恋のDice☆教えて」を歌ったCy-Rim rev.もまばゆくはじけていた。ヴォーカルmiruさんのメガネレンズが入ってないのが気になっていた人もいたとかいないとか。

 

Cy-Rim rev.

 

夢想歌」、そして“魂込めて歌いたいと思います”と告げて歌った「キミガタメ」でのエモーショナルな歌声でオーディエンスを圧倒したSuaraさん、これ以後のアニサマステージを大いに盛り上げることになるmotsuさん(m.o.v.e)もこのときが初登場。もも上げ大会(!)に、前転、ブリッジ、そして高速ラップと強烈なパフォーマンスで 大きすぎるほどの爪痕を残した。


さらに、アニソン界を代表するロックユニットサイキックラバー」が「XTCエクスタシー)」で、激音をかき鳴らし、そのボーカル・YOFFYさんから“深く、切なく、だけどアツいユニット”と紹介された、男女ユニット「樹海」は、「あなたがいた森」「咲かせてはいけない花」とドラマチックサウンドを奏でる。このように初出演組だけを見ても、アニソンというジャンルの懐の深さを感じさせるが、その多様性は「令和」という新時代になった今も進化し続けていて、ある意味アニサマはスケールの大きいショーケースの場として、とても刺激的で面白いものとして、その歴史を重ねてきたと言えるかもしれない。

 

樹海

 

そしてアニサマといえば、ゲストにも注目。スペシャルゲストとして、ダンスパフォーマンスグループPanicrew」がエンターテインメント性あふれるステージングで盛り上げ、ユニークダンスが「ニコニコ動画」で話題となった矢部野彦麿&琴姫 With 坊主ダンサーズも独自の世界観を演出した。茅原さんと同じく、前回SOS団アニサマに参加した平野綾さんも、パンクアレンジを施したアニサマ仕様の「冒険でしょでしょ?パンクでしょversion~」で彩りを添えた。

 

矢部野彦麿&琴姫 With 坊主ダンサー

 

 

会場が驚きと歓声に包まれたシーンといえば、高橋洋子さんの登場の時。サプライズゲストとして、「魂のルフラン」、さらに平成で最もカラオケで歌われた曲の上位に名を連ねる「残酷な天使のテーゼ」をメドレーで披露。レジェンド存在感たっぷりに、改めてアニソンの持つパワーを体感させてくれた。


これまでのアニサマを彩ってきたアーティストも、もちろん見逃せない。「てのひら」を歌い終えた高橋直純さんは、“10曲くらい歌いたくなっちゃう”と楽しさを抑えきれず、本人言うところの「なにやら変なテンション」になってしまったとのこと。アニソン界でエロかっこよさ独占の栗林みな実(現・Minami)さんは、出演を重ねるたびに少なくなっていく衣装の布面積に反比例するかのように、人見知りも克服し、明るさがパワーアップ。桃井さんとのコラボ「うしろゆびさされ組」では涼宮遥(ゲーム君が望む永遠」)のコスプレサービスも!


初参加のときは、緊張のあまり歌い終わった後、楽屋で泣き出してしまった近江知永さんからは、とても楽しんでいる様子が伝わってきた。「ロックリバーへ」を歌い終えたあと、ラスカルぬいぐるみを客席に投げ込むはずが、最前列通路に叩きつけてしまったシーンは、今も語り継がれるアニサマ珍場面かもしれない。

ドラァグクイーンとともに耽美な世界へ誘ってくれるALI PROJECTは、日本刀を手にした宝野アリカ様が神々しかった。“みなさんも暗い青春をお送りのことと思います”と、アリカ様ならではのMCもスパイスが効いていた。でも、そんな日々を潤すのがアニソンだということは間違いなく、「跪いて足をお嘗め」など、独特な空気感を持ったナンバーが異彩を放っていた。

 

クライマックスに向けて、ステージ、客席ともどんどん熱量が増していった。最後の2組も圧巻だった。「Break Out」「VICTORY」、そして“MOTTO!MOTTO!”が炸裂した「SKILL」の3連コンボのすさまじさと言ったら! JAM Project影山ヒロノブ松本梨香遠藤正明きただにひろし奥井雅美福山芳樹)の魂の込もった歌が観客のハートをつらぬく、この光景はアニサマの代名詞といえるものになった。炎が上がり、みんな飛び跳ねる。アニサマとは、いわば気合いと体力のぶつかりあい。そんなエキサイティングな表情もあわせ持つ最高のエンターテインメントということが伝わってきた。

 

3年連続でトリを務めたのは水樹奈々さん。「今日は奈々ちゃん、大忙しなんで期待しててください」と、オープニングで奥井さんがそう話していたが、奥井さんとだけでなく、ALI PROJECTの「聖少女領域」をアリカ様とコラボするなど大活躍。このアニサマが行われたのは7月7日の“奈々の日”ということで気合いが入りまくり! ソロでも「Justice to Believe」「SECRET AMBITION」「Heart-shaped chant」といったバリエーションに富んだ3曲を歌い上げた。

 

最後は奥井さん、影山さんが出演者を呼び込み、テーマソング「Generation-A」を歌った。ここで本編は終わるのだが、もちろんアンコールの声が起こった。この楽しい時間を終わらせたくない。そんな想いが武道館を包み込んだ。再び出演者がステージに現れ、前回のテーマソング「OUTRIDE」(作詞・奥井雅美、作曲・影山ヒロノブ)を歌った後、アーティストひとりひとりがあいさつをするのだが、感極まって泣いている人もいるほど。最後は再び「Generation-A」。みんなの笑顔、会場が一体となり、大合唱が響き渡った。

 

翌年にはさいたまスーパーアリーナでの2days開催と、アニサマはさらにスケールアップすることになるのだが、改めて“A”とは何だったろうか。それはもちろんアニメアニソンのことであり、かつ始まりを予感させるような、何かが動き出すときの期待感や強い意志を感じさせてくれるもの。これから先も一緒に歌っていきたい、ここからは未来に向かって走り出す! そんなアニメアニソンを愛するすべての人が「Generation-A」として、新たな歴史を刻んだ、素晴らしい1日になった。

 

 

(文/幡野敬)

 

【出演者】(敬称略)

ALI PROJECT近江知永奥井雅美栗林みな実サイキックラバー、Cy-Rim rev.JAM Project、樹海、Suara高橋直純茅原実里水樹奈々m.o.v.e桃井はるこ

 

スペシャルゲスト(敬称略)

平野綾矢部野彦麿でんちゅう)&琴姫(MOMOEIKA)

 

【サプライズゲスト(敬称略)

高橋洋子PaniCrew

 

セットリスト

1.輪舞-revolution / 奥井雅美水樹奈々アニメ少女革命ウテナ」OP)

2.-w- / 奥井雅美

3.空にかける橋 / 奥井雅美アニメテイルズ オブ エターニア THE ANIMATION」OP)

4.Romantic summer / 桃井はるこアニメ瀬戸の花嫁」OP)

5.WONDER MOMO-i / 桃井はるこゲーム太鼓の達人シリーズ

6.純白サンクチュアリィ / 茅原実里アニメキディ・グレイド2 」パイロットDVD テーマソング

7.君がくれたあの日 / 茅原実里インターネットラジオ茅原実里のradio minorhythmテーマソング

8.恋のDice☆教えて / Cy-Rim rev.ゲームCircusLand I」主題歌)

9.聖少女領域 / 宝野アリカ水樹奈々アニメローゼンメイデン トロイメント」OP)

10.てのひら / 高橋直純

11.君に会えてよかった / 高橋直純ラジオRADIOアニメロミックス」ED)

12.Yell! / 栗林みな実アニメスーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-」ED)

13.翼はPleasure Line / 栗林みな実アニメクロノクルセイド」OP)

14.夢想歌 / Suaraアニメうたわれるもの」OP)

15.キミガタメ / Suaraアニメうたわれるもの」ED)

16.Float〜空の彼方で〜 / 近江知永アニメSoltyRei」ED)

17.ロックリバーへ / 近江知永アニメ「あらいぐまラスカル」OP)

18.うしろゆびさされ組 / 栗林みな実桃井はるこアニメハイスクール!奇面組」OP)

19.Systematic Fantasy / m.o.v.eテレビ番組「激走!GT」ED)

20.Gamble Rumble / m.o.v.eアニメ頭文字D Third Stage」OP)

21.レッツゴー! 陰陽師 / 矢部野彦麿&琴姫 With 坊主ダンサーズ(ゲーム新豪血寺一族 -煩悩解放-」)

22.特捜戦隊デカレンジャー / サイキックラバー(特撮ドラマ特捜戦隊デカレンジャー」OP)

23.XTC / サイキックラバーアニメウィッチブレイド」OP)

24.あなたがいた森 / 樹海(アニメFate/stay night」ED)

25.咲かせてはいけない花 / 樹海

26.勇侠青春謳 / ALI PROJECTアニメコードギアス 反逆のルルーシュ」ED)

27.暗黒天国 / ALI PROJECTアニメかみちゃまかりん」OP)

28.跪いて足をお嘗め / ALI PROJECTアニメ怪物王女」ED)

29.メドレー / 高橋洋子

魂のルフラン(映画「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」主題歌)

残酷な天使のテーゼアニメ新世紀エヴァンゲリオン」OP)

30.冒険でしょでしょ?パンクでしょversion〜 / 平野綾アニメ涼宮ハルヒの憂鬱」OP)

31.Break Out / JAM Projectアニメスーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウォーズ-」OP)

32.VICTORY / JAM Projectゲームスーパーロボット大戦MX」OP)

33.SKILL / JAM Projectゲーム第2次スーパーロボット大戦α」OP)

34.Justice to Believe / 水樹奈々ゲームワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード」OP)

35.SECRET AMBITION / 水樹奈々アニメ魔法少女リリカルなのはStrikerS」OP)

36.Heart-shaped chant / 水樹奈々ゲームシャイニングウィンド」OP)

37.Generation-A / アニサマフレンズ

-アンコール-

1.OUTRIDE / 出演者全員

2.Generation-A / 出演者全員


>> 【アニサマ15年目記念企画!歴代アニサマプレイバック!!】第3回「Animelo Summer Live 2007 Generation-A」さらなる進化、発展を予感させ、「A」の意味を考えさせられた1日! の元記事はこちら
【アニサマ15年目記念企画!歴代アニサマプレイバック!!】第3回「Animelo Summer Live 2007 Generation-A」さらなる進化、発展を予感させ、「A」の意味を考えさせられた1日!