6月29日(土)に放送される、山田涼介主演のスペシャルドラマ「もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)に、西村まさ彦北村有起哉、渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)が出演することが決定した。

【写真を見る】秀作(山田涼介)と娘・里子(恒松祐里)との交際を反対する英智(西村まさ彦)

ドラマは、2018年の1月期に放送された「もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜」のスペシャル版。連続ドラマでは、山田、波瑠、小澤征悦が演じるエリート3きょうだいが、家族に降りかかるトラブルを全力で解決してきた。

西村が演じるのは、秀作(山田)の恋人・池江里子(恒松祐里)の父・英智。里子の希望で秀作と会うことになった英智は、犯罪歴のある秀作との交際を反対し、別れるよう迫る、という役どころだ。

北村は、泰蔵(中村梅雀)のゴーストライター・尾道正平を演じる。連続ドラマ最終回で息子が犯罪者となり、経営していた都内有数の進学校を手放すことを余儀なくされた泰蔵が、その経緯を父親として、教育者としてつづった大ベストセラーとなった著書を、実は裏で書いていた人物だ。

そして、渡辺が演じるのは、結婚相談所のコーディネーター・別府。知晶(波瑠)を慕う秀作の後輩・尾関光希(小瀧望)が、知晶を追って通うことになる結婚相談所の担当者という役どころを熱演する。

■ 「北沢家の裏トーク」第3弾が配信

さらに、日テレ公式YouTube上に開設された「もみ冬ちゃんねる」では、スペシャルドラマの放送当日まで毎週土曜日正午に、「もみ消して冬」に関連する出演者たちの動画が配信される。

6月1日(土)は、北沢家の3きょうだいを演じる山田、波瑠、小澤征悦の3人が登場し、連ドラ撮影時の裏話に花を咲かせる「北沢家の裏トーク」の第3弾や、「もみ冬スクープ(1)」と題し、父・泰蔵のゴーストライター疑惑にスクープ記者(青木源太アナウンサー)が迫る動画などが配信される。

また、日本テレビ公式動画ポータル日テレTADA」と民放公式テレビポータルTVer(ティーバー)」では、6月1日(土)から、連続ドラマ「もみ消して冬 ~我が家の問題なかったことに~」の第5話、第6話の再配信を開始され、配信済みの初回から第4話に加えて計6話が視聴可能。今後も毎週土曜日正午に2話ずつ配信され、スペシャルドラマ放送当日まで順次視聴可能となる予定だ。

オンライン動画配信サービスHuluでは、同連続ドラマの全話一挙配信を開始している。

■ 北沢家に“AI騒動”が勃発!

2018年冬、家族をこよなく愛するがゆえに、家族に頭が上がらない男、北沢秀作(山田)。家族のために自分の職を失するという壮絶な戦いの結果、自分探しの旅はいったん終息した。

そして2019年夏。秀作の家族内の地位はますます下落していた。憧れていたパティシエの面接もことごとく落ちてしまう。

一方、他の家族はそれぞれの逆境を跳ね返し、昔に優るとも劣らない社会的地位と経済的安定を手に入れていた。

そんな中、ロスに医者として武者修業に行っていた博文(小澤)が帰ってくる。ロスで「AIを駆使した医療技術」という新たなスキルを身につけ、“AI天才外科医”として日本に凱旋した博文は「これから人類の未来はAIが担う!もちろん北沢家の未来も!」と宣言する。

そして、北沢家に「AIケンジ」、その妹の「AIサユリ」を持ち込むが、北沢家を混乱させてしまう。秀作は家族からのむちゃぶり、恋の苦しみに、再びもだえ苦しみながら奮闘する。(ザテレビジョン

「もみ消して冬 2019夏 ~夏でも寒くて死にそうです~」の新キャストが発表