中国石油(ペトロチャイナ)新疆油田公司は今年に入り、中国の10億トン級シェーオイル田、吉木薩爾シェーオイルエリアの開発を全面的に推進している。掘削機を36台使用し、47カ所の掘削を開始し、8カ所の掘削を完了した。1日平均の掘削深度は2000メートル以上で、累計で16万メートル以上の掘削を完了した。新華網が伝えた。
中国石油は近年、渤海湾盆地、准噶爾盆地、松遼盆地、鄂爾多斯盆地などの大型沈積盆地で先導的試験を展開している。シェーオイルを4大開発対象の一つとし、大港油田、新疆油田、吐哈油田、長慶油田をシェーオイル開発の重要モデルエリアとして位置づけている。
新疆油田公司の説明によると、吉木薩爾シェーオイルエリアでは今年、掘削機を45台使用し、約100カ所の掘削を行う予定だ。通年で55カ所のハイドロフラクチャリングを行い、うち昨年から続く場所が12カ所、今年新たに始まる場所が43カ所となる。現在まですでに2カ所でシェーオイルが産出されている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

中国石油(ペトロチャイナ)新疆油田公司は今年に入り、中国の10億トン級シェールオイル田、吉木薩爾シェールオイルエリアの開発を全面的に推進している。資料写真。