6月2日は裏切りの日。

【大きい画像を見る】「『進撃の巨人』Season 3 Part.2」(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


織田信長の部下である明智光秀が謀反を起こし、本能寺に攻め込んだ日です。本能寺の変として知られるこの事件はあまりにも有名で、映画やドラマで何度も映像化されてきました。

アニメにも裏切りはつきものです。味方の情報を敵に売ったり、親友の恋人を奪ったり、有利な陣営に寝返ったりと、これまでもさまざまな理由で仲間を裏切るキャラクターが描かれてきました。そんな裏切りキャラの中で最も視聴者インパクトを与えたのは一体誰なのでしょうか。

そこでアニメアニメ!では、「衝撃を受けた“裏切りキャラ”といえば?」と題した読者アンケートを実施しました。5月17日から5月24日までのアンケート期間中に63人から回答を得ました。男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

※本テーマの特性上、作品未視聴の方にとってはネタバレに触れる記述を含みます。“裏切りの内容・詳細”については深く言及することを避けておりますが、読み進める際はご注意下さいませ。

【下記、記事中にてお取り上げする作品名】
進撃の巨人』『暗殺教室』『BLEACH』『カードファイト!! ヴァンガード』『クレヨンしんちゃん』『NARUTO -ナルト-』『機動戦士ガンダムSEED』『HUGっと!プリキュア』『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』『銀魂』『文豪ストレイドッグス』『PERSONA5 the Animation




ファンをどん底に叩き落とした裏切り者が集結!
トップは『進撃の巨人』のライナー・ブラウン。読者からは「告白の仕方に驚いた!」と、裏切りを突然打ち明けたことに衝撃を受けたというコメントが多数寄せられました。
「熱血なところが好きだったから、裏切られたときはとても悲しかった」や「まんまと裏切られました」との声もあり、その真実はファンの想像を超えるものだったようです。

暗殺教室』の茅野カエデには「まさかあのタイミングで裏切るとは! って感じでした。本当に信じられませんでしたが、伏線回収が素晴らし過ぎました!」と用意周到に張りめぐらされた伏線に賞賛の声がありました。

BLEACH』の藍染惣右介には「残虐な性格を隠して、駒としてしか思っていない部下を信用させたのは、逆に見事としか言いようがない」や「信じてた分、裏切られた怒りが大きかった。おかげで他作品でもキャラを簡単に信じられなくなった」と、こちらもショッキングだったというコメントが……。
また藍染と関係が深い市丸ギンに対しては「好きな人のために戦う姿がカッコいい」という意見も届いています。

クレヨンしんちゃん』のぶりぶりざえもんには「救いのヒーロなのに敵の味方をするから」と毎度のように裏切っていることが話題に。「私は常に強い者の味方だ」というセリフ通りの風見鶏ですが、最後は酷い目に遭うことがほとんどです。
カードファイト!! ヴァンガードシリーズ櫂トシキには「ずっと仲間として闘ってきた櫂君が主人公と並び立つ強さを手に入れるために敵側にまわることが、当時の私にはショックだったのでものすごく覚えています」と長期シリーズゆえの驚きがあったようです。

今回のアンケートでは味方から敵に寝返るキャラクターへの投票がメインでした。しかし中には『HUGっと!プリキュア』のルールー・アムールのように、敵から味方になり、プリキュアに変身するというキャラにも票が集まっています。
“裏切り”にもさまざまなタイプがあることが再確認できる結果でした。

■投票の多かったキャラクターを紹介
[衝撃を受けた“裏切りキャラ”といえば?]
ライナー・ブラウン進撃の巨人
茅野カエデ暗殺教室
藍染惣右介BLEACH
うちはイタチNARUTO -ナルト-
うちはサスケNARUTO -ナルト-
アスラン・ザラ機動戦士ガンダムSEED
ルールー・アムールHUGっと!プリキュア
ニナ・パープルトン機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
伊東鴨太郎 『銀魂』
坂口安吾文豪ストレイドッグス
市丸ギンBLEACH
明智吾郎PERSONA5 the Animation【ほかの画像を見る】「衝撃を受けた“裏切りキャラ”といえば?」

「衝撃を受けた“裏切りキャラ”といえば?」