「がんは今や珍しい病気ではなくなった」とよく言われる。だからこそ「もし自分ががんになってしまったらどうしよう」と、頭を悩ませてしまう人は多いだろう。

『子育て世代のがん患者における教育費に関する調査』によると『がんと教育費』の実態が分かった。



がんにより『進路への影響』に不安を抱える親たち

「塾に入れてあげられない」「私立進学は難しい」「体調がどこまで働ける体に戻れるか不安」「子どものための貯蓄ができるか不安」といった声が上がっている。

もし、がんになったときお金は?

全体の7割の人たちは、民間の保険会社からの給付金を利用しており、親からの支援を受けた人も約35%という結果。

保険の給付金というと、『治療費に使う』実際には自身や家族の生活水準を保つために使ってもいいだろう。

子育て世代ががんと教育費に向き合うには。

家族や夫婦間でも話しあい、貯蓄、生活費、保険など、さまざまな観点で家計を見直すことが大切だ。

病気と闘いながらの子育ては苦労があるのだと身につまされるとともに、今自分にもきっとできることがあるのだと、気づくだろう。

不測の事態への対応を考えながらも、日々子どもたちとの生活を大事にしていきたい。


(※↓詳しくはコチラへ)
参照:もし親ががんになったら、子どもの教育費は? 「がんと教育費」の実態
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

もしも親ががんになったらどうなる?お金や子どもの実態。