明治安田生命J3リーグ第10節の5試合が、2日に各地で行われた。

首位のギラヴァンツ北九州(勝ち点18)と、3位のロアッソ熊本(勝ち点17)の上位対決は2-0で熊本が勝利した。

2分に相手にファーストシュートを許した熊本は、相手の守備に苦しめられる立ち上がりを強いられる。だが10分、左サイドバックの高瀬から前線へ絶妙なロングパスが送られると、飛び出しを迷ったGK高橋に対し、北村がバウンドした浮き球を頭で押し込んでネットを揺らした。

その後、相手に主導権を握られながらも前半を無失点に抑えた熊本は後半立ち上がりの51分、高瀬が左サイドから上げたクロスに北村が飛び込む。ここに競り合いに来たGK高橋がパンチングを試みるも、北村に当たり負けてクリアミス。手に当たったボールゴールに吸い込まれオウンゴールとなり、熊本がリードを2点に広げた。

そのまま時間は経過していき、再三のチャンスも生かせない北九州だったが迎えた85分、相手のカウンターを防いですぐさま攻撃へ。ボックス手前で町野がキープしたボールを拾った茂がボックス右から相手の股を抜くシュートを突き刺して1点差に詰め寄った。

しかし、北九州の反撃もここまで。長かった約7分のアディショナルタイムも経過し試合終了。熊本が北九州を抜いて首位に浮上した。

また、カターレ富山AC長野パルセイロの一戦は、2-1で富山が勝利。後半開始早々に右サイドバックの柳下がゴール前にロングボールを放り込むと、才藤の落としを田中が左足でダイレクトシュート。これがGKの手をはじいてゴールに入った。

富山は62分に、才藤が右サイドから上げたクロスを田中がヘディングで合わせて追加点。その後に1点を返されるものの、逃げ切りに成功し2-1で勝利。ここ8試合の成績を4勝4分けとし、4位に順位を上げている。

3勝4分けだった富山勝利。

◆明治安田生命J3リーグ第10節
セレッソ大阪U-23 0-3 ヴァンラーレ八戸
ガイナーレ鳥取 1-0 カマタマーレ讃岐
ザスパクサツ群馬 4-1 FC東京U-23
SC相模原 1-0 いわてグルージャ盛岡
ブラウブリッツ秋田 0-2 福島ユナイテッドFC
アスルクラロ沼津 1-3 Y.S.C.C.横浜
AC長野パルセイロ 1-2 カターレ富山
ガンバ大阪U-23 3-1 藤枝MYFC
ギラヴァンツ北九州 1-2 ロアッソ熊本