蓮池透

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の元事務局長、蓮池透氏31日、夏の参院選を念頭に、山本太郎・参院議員が代表の新党「れいわ新選組」から立候補すると、山本代表と並んで表明した。蓮池氏は拉致被害者の蓮池薫さんの兄で、元東京電力社員だ。

 

■震災後から交流

山本代表は、

「本気の大人、骨のある人を候補者として考える中で、頭に浮かんだのが蓮池さんでした。『力を貸してくださいませんか。日本を救ってください』とお願いしました」

 

「衆参ダブル選の可能性があるので、参議院から出ていただくか、衆議院で出ていただくか、状況を注視したい」

と述べた。2人は11年の東日本大震災後に福島県で行われたテレビ番組で共演し、知り合い、交流を続けてきたという。今回の出馬に当たっては、山本代表が新潟県に住む蓮池氏を訪ねて、説得したという。

 

■「太郎さんは違う」

蓮池氏は、記者からの「これまでにも国政に出ないかという誘いはあったのか?」という問いに、「これまでは(自分の)名前が多少知れ渡っているということで、『利用されているのかな?』と感じることがあった」と答え、山本代表の誘いを受けたことについては、

「今回の太郎さんは違うと思いました。太郎さんほど機動力があって、神出鬼没な政治家はいない。リスペクトできる方」

 

「光栄な言葉をたくさんいただき、一念発起して太郎さんを応援していくことを決めた。太郎さんを1人にしておくわけにはいかない」

と述べた。

■インディーズでも関心を

蓮池透

蓮池氏は、出馬を決断した理由について、

「地方は疲弊し、惨たんたる状況で何とかしないといけない。『ネットで悪口ばかりを言っている』と批判されてきたが、(政治の場の)オフラインで自分の言いたいことを言おうと決めた」

 

インディーズでも、いろいろな方が政治に関心を持ってもらえれば、ブレークする可能性もある」

 

「生きてきた65年の間で、いろいろな方々に助けていただいた。すべての方々に恩返しができれば」

と説明。拉致問題については「15年来、訴えてきましたが、対話路線にシフトしたかのように見える安倍政権の政策を静観したい」「拉致問題を解決する自分なりの腹案はあるが、腹案なので明らかにすることはきない」と述べるにとどめた。

 

■寄付金は1億5000万円を突破

れいわ新選組の発表によれば5月30日時点で集まった寄付金は1億5089万円とのこと。寄付者の数はおおよそ一万人という。山本代表は5月末までに一億円、寄付金を集めると言っていたから、大幅に目標を上回った形だ。

筆者が山本代表に参院選は東京選挙区から出るのか比例区から出るのかを質問したところ、山本代表は「ギリギリまで判断を保留したい。ギリギリといえば告示日前日だが、それより前には判断する」と述べた。取材した全国紙記者が語る。

「前回の参院選2013に山本太郎さんが獲得したのは約66万票。東京選挙区の定数は5でした。しかし、参院選2016から定数は6になり、最下位当選は民進党(当時)の小川敏夫・参院議員の約50万票。

 

前回以上の勢いがありますから、東京選挙区から出れば山本さんの当選は堅い。そのために、共倒れになりかねない立憲民主党の二候補、国民民主党の候補がその動向を注視しています。

 

山本さんは会見で、他にも手堅い人に複数アプローチしていることを明らかにしていますから、今後も蓮池透さん級、あるいはそれ以上の候補者が出る可能性がある。

 

そうなれば山本さんが比例区にまわる必要もなくなり、東京選挙区と比例区あわせて最低2議席はとれる可能性も出てくる。あとはどれだけ寄付が集まるか、ボランティアがどれだけ集まるか。『れいわ新選組』は大いに化ける可能性がある」

 

■大化けの可能性も

山本太郎

また、選挙の事務方の経験豊富な人物は次のように語る。

参院選2016でトップ当選したのは蓮舫さんの112万票、参院選2013でトップ当選したのは丸川珠代さんの106万票。

 

山本さんも二人ほどに知名度がありますから、東京選挙区で山本さんの100万票の獲得、れいわ新選組の東京の50万票の獲得を目標と立てたほうが得策です。今の勢いがあるならば、これも夢ではない」

ボランティアはすでに1万人を超えているという。さて、次はどのような手を打つのか。山本太郎れいわ新選組」の動向に要注目だ。

・合わせて読みたい→サマソニのアリーナは地獄絵図!まるであの名作の世界

拉致被害者家族・蓮池透氏、山本太郎の新党「れいわ新選組」から出馬 寄付金は1.5億円突破