7月の放送を先取り、5月12日母の日に「お母さんは好きですか?通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?母の日スペシャルイベント」が行われた。


 MCを務める大好真人役の石谷春貴の呼び込みで、ワイズ役の鈴代紗弓、ポータ役の原田彩楓が登場。さらに、今日だけは“お母さん”代表として、真人の母親で本作のヒロイン・真々子役の茅野愛衣を会場全員の「お母さんコール」で呼び込んだ。

 この日、初めて公開された1、2話について、キャスト陣は白瀬(CV.新井里美)の面白さや2話のサービスシーンについてなどが語られた。

 また、それぞれのキャラクターを演じる上でのこだわりについて、ワイズ役の鈴代は「2話から出てきたんですが、割とアドリブを入れさせていただいて、それが使われていてうれしいです」とコメント。一方、ポータ役の原田は「かわいい仕草が多いので、アドリブも可愛さが求められるのですが、私の可愛さが達していなくて……」と控えめに語ると、茅野が「可愛さが限界突破してたよ」と力説。石谷もアフレコ現場では、みんなが頷きながら聞いていたことを明かすと、原田は安心したように笑顔を浮かべるなど、暖かくゆったりとした空気感に包まれた。

 そんななか、茅野が進行役の石谷に「のんびりしてて、時間は大丈夫?」と心配し、“お母さん”な一面を見せて会場を笑わせる一幕も。さらに、石谷が「ワイズの表情が豊かで」と感想を述べると、茅野が「そういう女の子が好みなのね」と“母”のようなコメントで笑わせた。

 続いて、母の日スペシャル企画コーナーへ。茅野をキャスト3人のお母さんに見立て、日頃の感謝を伝えるコーナーで、3人が書いてきた手紙を茅野に向けて読むと言う展開になった。それぞれ手紙を読む前に、呼び方やどんな母親かを事前調査。ひとりずつ手紙を読み終えると、茅野は母親になりきって一言返すのだが、それぞれ個性的なエピソードと情報量の多さに茅野は困惑。それでも時に優しく、時にはキュートに母としての一言を返した。

 ここでコーナーが終わりではなく、さらにお客さんが書いた「お母さんへの手紙」を読むことに。心温まる手紙にキャスト陣は「いいコーナーだね」と、またチケットを忘れて母に宅急便で送ってもらったという男性に茅野が「しっかりしなさーい」と叫び、会場が笑いに包まれた。茅野自身も楽しんでいる様子で、「楽しいね。毎月やりたい」と満面の笑みを浮かべた。

 最後の挨拶では、原田が「今日を機にお母さんへの感謝の気持ちが芽生えたらうれしいなと思います」と語ると、鈴代も「いろんな方のお母さんを知ることができて、楽しいイベントでした」とコメント。石谷は作品について「すごくネタは満載で、絵も綺麗で、漫画や小説とも違った良さが伝わったかと思います」と語った。茅野は「いろんな方のエピソードが聞けて、『おかすき』に感謝だなと思います。放送開始は夏からですが、ちょっと疲れたなと思ったり、お母さんに甘えたいなと思ったら、真々子さんの胸に飛び込むような気持ちで楽しんでもらいたいと思います」とアピールし、イベントを締めくくった。

画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/event/95841/)
クリックすると拡大できます。

 


TVアニメ通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』作品概要〉
2019年7月放送スタート

スタッフ
原作:井中だちま(ファンタジア文庫株式会社KADOKAWA
原作イラスト:飯田ぽち。
監督岩崎良明
キャラクターデザイン八重樫洋平
シリーズ構成赤尾でこ
音楽:井内啓二
アニメーション制作:J.C.STAFF

キャスト
大好真々子:茅野愛衣
大好真人:石谷春貴
ワイズ:鈴代紗弓
ポータ:原田彩楓
メディLynn
白瀬新井里美

アニメ公式サイト
https://okaasan-online.com/


公式Twitter
https://twitter.com/okaasan_online


©2019 井中だちま・飯田ぽち。/株式会社KADOKAWAお母さんは好きですか?製作委員会