スクウェア・エニックスは3日、「スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会」を開催し、新作スマートフォンアプリドラゴンクエストウォーク」を2019年に公開すると発表した。

この記事の動画を見る

「新作発表会」は、徳光和夫と平井理央が司会を務め、「ドラゴンクエストシリーズゲームデザイナー堀井雄二と「ドラゴンクエストウォーク」のプロデューサー柴貴正が登壇。「ドラクエウォーク」は、「ポケモンGO」のような位置情報を活用したゲームとなることが発表された。また、初公開となるプロモーション映像や開発中ゲーム画面が公開。スライムなどのモンスターたちが街中に登場する様子が映し出された。


ドラゴンクエストウォーク」について、柴氏は「ポケモンGO」が話題になりポケモンにはポケモンの面白さがある一方、ドラクエでも色んなことができると考えたという。ドラクエならではの部分では、地図の面白さや歩いてモンスターと戦ってレベルアップすることなどを挙げた。「ドラゴンクエストウォーク」の開発はコロプラが担当、β版体験会を6月11日からiOSAndroid各1万名に向けて開催。テストのため、対象は関東地方18歳以上となる。


画像はYouTube「スマートフォン向け『ドラゴンクエスト』新作発表会」より