リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「サイバーセキュリティ向け人工知能(AI)の世界市場:技術別、用途別2026年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
サイバーセキュリティ向け人工知能(AI)の世界市場規模は、2019年段階で88億ドルと推計され、2026年には382億ドルに達するとレポートでは予測しています。
当レポートでは、2026年に至るサイバーセキュリティ向け人工知能(AI)の世界市場予測(市場規模US$)、オファリング別市場(ハードウェア各種、ソフトウェア各種、サービス)、展開タイプ別市場(クラウド、オンプレミス)、セキュリティタイプ別市場(ネットワーク、エンドポイント、アプリケーション、クラウド)、技術別市場(機械学習各種、NLP、コンテキスト-アウェアコンピューティング)、用途別市場(ID/アクセス管理、リスク-コンプライアンス管理、データ損失防止、統合脅威管理、セキュリティ/脆弱性管理、アンチウイルス/マルウェア対策、不正検出/防止、侵入検出/防止システム、脅威インテリジェンス、その他)、エンドユーザー別市場(金融、小売り、政府/防衛、製造業、インフラストラクチャ、企業、ヘルスケア、自動車/輸送、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業21社プロフィール動向などの情報も交えて、サイバーセキュリティ向け人工知能(AI)市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
サイバーセキュリティ向け人工知能(AI)の世界市場:技術別、用途別2026年予測
Artificial Intelligence in Cybersecurity Market by Offering (Hardware, Software, and Service), Deployment Type, Security Type, Technology (ML, NLP, and Context-Aware), Application (IAM, DLP, and UTM), End User, and Geography- Global Forecast to 2026
http://researchstation.jp/report/MAM/15/Artificial_Intelligence_in_Cybersecurity_2026_MAM1555.html

【レポート構成概要】
◆サイバーセキュリティ向け人工知能(AI)の世界市場予測2017-2026年
・市場規模(US$)

◆オファリング別、市場-2026年
ハードウェア
・プロセッサー
-MPU
-GPU
-FPGA
-ASIC
ソフトウェア
・AIソリューション
・AIプラットフォーム
サービス
・展開、統合
・サポート、メンテナンス
※(市場規模US$)

◆展開タイプ別、市場-2026年
・クラウド
・オンプレミス
※(市場規模US$)

◆セキュリティタイプ別、市場-2026年
・ネットワークセキュリティ
・エンドポイントセキュリティ
・アプリケーションセキュリティ
・クラウドセキュリティ
※(市場規模US$)

◆技術別、市場-2026年
機械学習
・深層学習
・教師あり学習
・教師なし学習
・強化学習
・その他
NLP(自然言語処理)
コンテキスト-アウェアコンピューティング
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2026年
・ID、アクセス管理 (IAM)
・リスク、コンプライアンス管理
・データ損失防止 (DLP)
・統合脅威管理 (UTM)
・セキュリティ、脆弱性管理
・アンチウイルス/マルウェア対策
・不正検出、防止
・侵入検出/防止システム (IDS/IPS)
・脅威インテリジェンス
・その他
※(市場規模US$)

◆エンドユーザー別、市場-2026年
・金融(BFSI)
・小売り
・政府、防衛
・製造業
・インフラストラクチャ
・企業(エンタープライズ)
・ヘルスケア
・自動車、輸送
・その他
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2026年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、英国、フランス
・イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東アフリカ
・南米
※地域別に各種セグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス分析(ドライバー、障壁、機会、課題)
・競合状況

◆サイバーセキュリティ向け人工知能(AI)の主要企業プロフィール動向
・NVIDIA
・INTEL
・XILINX
・SAMSUNG ELECTRONICS
・MICRON TECHNOLOGY
・IBM
・AWS
・DARKTRACE
・CYLANCE
・VECTRA AI
・THREATMETRIX
・SECURONIX
・SIFT SCIENCE
・ACALVIO TECHNOLOGIES
・SPARKCONGNITION
・PALO ALTO NETWORK
・FIREEYE
・SYMANTEC
・FORTINET
・CHECK POINT SOFTWARE TECHNOLOGIES
・IMMUNIWEB

(その他企業)
・DEEP INSTINCT
・SENTINELONE
・FEEDZAI
・ZIMPERIUM
・FORTSCALE
・ARGUS CYBER SECURITY
・NOZOMI NETWORKS
・INDEGY
・BITSIGHT TECHNOLOGIES
・ANTIVIRUS COMPANIES
・MCAFEE
・KASPERSKY LAB
・BITDEFENDER
・ESET

(全230頁)



【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/15/Artificial_Intelligence_in_Cybersecurity_2026_MAM1555.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2019年6月3日

★関連レポート
「法務向け人工知能(AI)ソフトウェアの世界市場:2024年に至る技術別、用途別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/15/Legal_AI_software_2024_MAM1531.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

配信元企業:リサーチステーション合同会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ