ちょっと前に日経産業新聞の「内定辞退の正しい伝え方、『直接会って、まず感謝』を」(5月15日)が話題になりました。

内定
※画像はイメージです(以下同じ)
 リクルートで営業経験もある、学習院大学キャリアセンター担当事務長の男性が「自分を選んでくれた企業に感謝の心を持ちましょう」と述べ、

メールの送りっぱなしや電話で完結してはダメ。必ずその企業に足を運ぶことが重要」
「内定をくれたことへの感謝を、いの一番に伝えること」
「そもそも入社する可能性がないなら最初から内定を受諾してはいけない」

 などと、直接会って「内定をくれたことへの感謝」の意を伝えることの大切さを説いていて、これに対し、いろいろな意見が飛び交っています。

 今回は、筆者が前職で人事をしていた経験と、現在、人材紹介会社でキャリア面談をしている経験から持論を書きたいなと思います。

人事目線で考える内定辞退に対する持論

 結論として、内定辞退をすることに対してそこまで気を使う必要はありません。内定辞退で会社に来てもらう必要はないのです。なぜなら、辞退する気持ちが変わらないなら逆にあまり時間を取られたくないというのが、多くの人事の本音だからです。

① 採用計画を立てているので内定辞退は想定の範囲内

 人事時代の私は毎年、新卒採用の計画を立てていましたが、採用計画を立てるときに内定辞退の可能性はすでに考えています。また、面接をしていくなかで、「内定を出しても入社しないだろうな」という人に対してもある程度、見通しを立てて動いていました。

 つまり、内定辞退は想定の範囲内のことが多く、内定辞退されたからといって、求職者に対して怒りの感情はないというのが実際の採用の現場です。

② 来社するのは、気がないのにデートに誘うのと同じ

美女 会議

 先程も述べましたが、内定辞退をすることが決まっているのに、相手の時間をあまり取ってしまうのは良くありません。

 内定辞退のためにわざわざ会社に来ると、採用担当者は「もしかしたら内定辞退を止められるかもしれない」と考え、「できれば(心変わりして)こちらに来てほしい」と、アプローチします。それなのに、その会社に行く気が全くない……というのは完全に時間のムダです。

 まるで、付き合う気がないのに何度も食事に誘ってくる女の子(逆もまた然り)みたいなものです。ならば、メールで今まで選考にお時間を使ってもらったことに関する感謝と、内定辞退する理由を添えて、簡易的にお断りするほうが、よっぽど相手のことを考えた行為になるのではないかと思います。

③ どこかで仕事で出会う可能性は考えたほうがいい

 内定辞退をするのに、わざわざ丁寧に訪問する必要はないと思いますが、内定辞退をする人は、だいたい同じ業界の別の企業に入社することが多いと感じます。私がいる人材業界に限らず、どこの業界も、大学生のみなさんが思っているより狭く、仕事をしていると同業他社の人に出会う可能性があります。

 なので、内定辞退した会社の人とも将来、仕事上で付き合う可能性があることを考えると、やり取りはメールでも構わないと思いますが、できるだけ相手に嫌な思いをさせない断り方に気をつけるべきだとは思います。

キャリア相談をしている目線で考える持論

相談

 人事は内定辞退をそこまで気にしていないというのはありますが、求職者も「良くない内定辞退」はできるだけ防ぐようにしてほしいです。マッチング度が少ない会社の面接に時間を使うのはもったいないですし、よく考えて就職活動をしたほうが、入社後のギャップも少なくなります。

① 内定辞退という状態にならないために軸を固める

 キャリア相談をしている中で、私が「これは良くないな~」と思う内定辞退は、受かることを目的にしてしまっているケースです。「就職先で自分が働くイメージを持っていない」「軸がブレすぎている」という人に多いです。いろいろな面接に行って話を聞くことで、軸を固めていくのも大事なことですが、内定が出るタイミングまでには決めてほしいと思います。

 採用されることを目的にしてしまう辞退ではなく、本当に悩んだ上での内定辞退になるようにしっかり考えながら就職活動を進めてほしいなと思います。

② 人材紹介会社に問題があるケースが多い

 私も含めてですが、人材紹介もビジネスです。できるだけ多くの就職者を生みたいと思っています。

 ただし、なかには「軸とはずれた求人をたくさん紹介し、できるだけ多くの面接を受けさせて、どれかに決まれば……」と、意地の悪いことを考える人材紹介業者が多いのも事実です。そういう求人紹介をした結果、企業側、求職者側の双方にとってマイナスな内定辞退が生まれてしまうのは、同じ人材紹介をしている者として非常に残念だなと思います。

 やはり人材を扱うビジネスをするからには、顧客のことをしっかり考えてビジネスをしなければいけないです。自分もまだまだできていないので、これは自戒の念を込めて書いています。

企業は「求職者を選ぶ立場」の考え方を捨てて

前田
前田勇介
 また、企業側も、「われわれは求職者を選ぶ立場」という考え方をそろそろ捨てて、内定辞退をしてきた学生に対して、怒りの感情を持つような事態をなくしてほしいと思います。求職者や人材紹介会社に問題があることも多いとはいえ、自社にマッチすると思った求職者に対して、企業は働くイメージや懸念点を正直に伝えてください。

 また、他の企業と比べて、魅力を感じてもらえるためにどんなことをするべきなのかをよく考えないといけないと思います。内定辞退されたのなら、

・何が悪かったのか?
・母集団形成の問題か? 採用基準の問題か? 会社の組織の問題か?
・それはすぐに? あるいは中長期的に変えるべきことか?

 などを考えて、今後の採用戦略、組織戦略に活かさなければなりません。内定辞退を憎むのではなく、変わらない自社やご自身を反省するべきで、それを変えていく努力をして欲しいです。

 そういう考え方を持てる採用担当者が増えれば、もっといい企業がたくさんでき、若いうちから活躍できる人も増え、短期で離職したりする人も減っていと思っています。頑張りましょう、人事の皆様!

TEXT/前田勇介(UZUZ)>

【前田勇介】

ブラック企業出身でその後人事部長を経験しました。ブラック企業撲滅を切に願っています。飲み会カラオケと釣りが趣味です。twitter:@uzuz_uzcc ■カウンセラーへの相談はUZUZホームページまで

※画像はイメージです(以下同じ)