片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が声優に初挑戦したことも話題のアニメーション映画きみと、波にのれたら』が、6月に開催される第22回上海国際映画祭の金爵賞アニメーション長編部門にノミネーションされることが決定。また、片寄がこの映画で海外映画祭デビューを飾り、公式上映会で舞台挨拶を行うほか、レッドカーペットにも登場することが発表された。

[動画]川栄李奈、得意料理は煮物!片寄涼太に料理好き暴露され照れ笑い/映画『きみと、波にのれたら』完成披露舞台挨拶

本作は、海辺の街を舞台に、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との運命的な恋を描いた青春ラブストーリー。『夜明け告げるルーのうた』(17年)などの作品で数々の賞を受賞した湯浅政明監督待望の新作で、片寄が青年・港の声を、川栄李奈がひな子の声を演じる。

同映画祭は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の映画祭で、今年で22回目の開催。昨年は、岡田麿里初監督作『さよならの朝に約束の花をかざろう』がアニメーション最優秀作品賞(金爵賞)に輝いており、日本人監督による2年連続の快挙にも注目が集まる。

なお、同映画祭は、現地時間6月15日から24日までの10日間開催され、『きみと、波にのれたら』公式上映会、および金爵賞の発表は6月23日に予定されている。

きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開となる。

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)