衰え知らずの37歳が生んだ圧巻のオーバーヘッド

 米メジャーリーグサッカーMLSロサンゼルスギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、ド派手なバイシクル弾で健在ぶりを見せつけた。2日(日本時間3日)に行われたニューイングランド・レヴォリューション戦の後半39分に見せた一撃を、リーグ公式インスタグラムが動画で公開。「ゴール・オブ・ザ・シーズン」「彼は神だ」などとファンは衝撃を受けている。

 迫力満点の王様が、輝きを放っている。0-2で迎えた後半39分。そのゴールが生まれたのは、敵陣右サイドロングスローからだった。放たれたボールは、ペナルティーエリア中央にいた味方を経由。ふわりと浮いたこぼれ球が、エリアゴール左にいたイブラヒモビッチに渡った。幾度もスーパーゴールを生んだ大型FWは、そのまま胸トラップボールコントロールして反転。DFを背後に置くと、強靭なフィジカルによるブロックで相手はもう何もできない。ズラタンは空中に飛び上がり、オーバーヘッドで右足を振り抜いた。

 意表を突かれたGKは、咄嗟にジャンプしたが、間に合わない。ボールクロスバーとGKの手とのわずかな隙間に吸い込まれてネットを揺らした。得点を確認した37歳は、雄叫びを上げてニヤリドヤ顔。米国の観衆は拍手喝采でフラッグを揺らすなど、今季11点目は貫録を示す一発となった。

 かつて経験したテコンドー譲りの“ハイキック”。リーグ公式インスタでは、「これは驚きだ! ズラタン・イブラヒモビッチがバイシクル」の見出しで動画を公開。ファンからは「ワオ」「素晴らしいゴール」「私のアイドル」「ズラタンは最高」「真のレジェンド」「ゴール・オブ・ザ・シーズン」「ハイキック」「キング」「なんてゴールだ」「彼は神だ」「彼は素晴らしすぎる」と称賛の声を上げている。

 ピッチ内を縦横無尽に動き回る暴れん坊。クラブは1-2で敗れたが、衰え知らずの動きで力を見せつけた。(THE ANSWER編集部)

ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】