今月1日に自動車事故で急逝した元スペイン代表FWホセ・アントニオ・レジェス(享年35)の事故原因が明らかになったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

シーズンスペイン2部のエストレマドゥーラでプレーしていたレジェスは1日、故郷ウトレラで高速道路を走行中にコントロールを失い、コンクリートブロックに衝突した結果、命を落とすことになった。

『ムンド・デポルティボ』は今回の事故に関して、スペインの治安警備隊にあたる『グアルディア・シビル』に取材を行ったところ、事故原因のひとつとしてタイヤの空気圧が安全基準に達していなかったとの回答を受けたという。

メディアによると、レジェス所有のメルセデス社製の事故車両は、数カ月間にわたって使用されておらず、空気圧が安全基準に達していなかったという。そして、レジェスが時速237kmという高速走行を行った中で、そのタイヤのうちの1つが破裂して事故を引き起こしたようだ。

レジェスは、セビージャの下部組織で育つと、2000年7月にトップチームへ昇格。2004年1月にアーセナルへと移籍すると、2006年7月にレアル・マドリーレンタル移籍、2007年7月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍した。

その後は、ベンフィカセビージャ、エスパニョール、コルドバと渡り歩き2018年7月からは中国の新疆天山雪豹足球倶楽部でプレー。今シーズンスペイン2部のエストレマドゥーラでプレーしていた。また、スペイン代表として22試合に出場4ゴールを記録。

クラブレベルでは、アーセナル時代に2003-04シーズンプレミアリーグ制覇、レアル・マドリー時代の2006-07シーズンリーガエスパニョーラを制覇を経験。ヨーロッパリーグではアトレティコ・マドリー時代の2009-10、2011-12シーズンで優勝、セビージャ時代にはウナイ・エメリ監督の下、2013-14シーズンから3連覇を果たしていた。

サムネイル画像