黒部峡谷鉄道は、新型客車3100形6両を6月1日から投入。7年ぶりの新型客車6両で、製造はアルナ車両。

3100形は、緊急時避難に対応した非常口と貫通路や、バリアフリー化をめざし車いすスペースを設置。蛍光灯からLED灯に変更し省エネ化。

また内外装のデザインを一新。外観デザインは社内公募52案の中から優秀作品を選定。その案をベースにアルナ車両デザイナーアイデアを合わせ入れた。

カラーは、黒部峡谷鉄道の原点である電源開発の歴史と伝統を継承すべく関電色(マルーン)をベースに、レトロ風のトロッコ列車をあしらった。

内装には、自然環境への調和と安らぎを感じる木目調に。

ボディは全鋼製。最高速度25km/h、車両寸法は長さ7400mm 幅1727.6mm 高さ2423mm。定員は端部車(欅平寄)が15名、端部車(宇奈月寄)が11名。中間車が21名。合計110名。