巨人・阿部慎之助捕手がようやく大台に達した。1日のヤクルト戦で代打勝ち越し1号ソロを、東京ドームの右翼席へ。これがプロ通算400号のメモリアルアーチ。昨季終了時点で399本塁打しており、王手をかけた状態で今季が開幕したが、ここまで足踏みが続いていた。

 金字塔と言える数字だが、実は2つの分野で偉大なレジェンドたちに連なる「第3位」に立つ数字でもある。

「第3位」の一つ目と前後記録のレジェンド達


 まず「巨人第3位」。こちらは言わずもがなのON。日本プロ野球史上最多868本の王貞治、そしてミスタープロ野球こと長嶋茂雄の444本がさん然と輝いている。

 巨人の長距離砲といえば、阿部とも一緒にプレーした松井秀喜の名前が挙がる。日米通算512本塁打した松井だが、175本はメジャーリーグでのもの。巨人で放った本塁打332本で歴代5位だ。

 それを上回る4位は、現在も指揮を執る原辰徳の382本塁打。松井に次ぐ6位は前監督である高橋由伸321本塁打となる。

・合わせて読みたい→
元巨人・斉藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに…?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-serialization-03/)

もう一つの第3位は?

 もう一つの「第3位」は、価値としてはこちらの方が上かもしれない。主に捕手として出場し続けた選手として、野村克也の657本塁打田淵幸一の474本塁打に続き、3位の数字を残している。

 先人たちが偉大すぎて、なんだブロンズコレクターか、と思うなかれ。本塁打記録の中で、阿部が歴代最多タイに付けている記録がある。
 228人斬り。これまで本塁打を放ってきた投手の総数で、実はタフィー・ローズと並び歴代最多タイ。あと一人で、単独トップに浮上するのだ。

 400号を見舞った中日・田島からは通算3本目で、この数字を伸ばすことはできなかった。早ければ次なる今季2号アーチにも、新記録達成の期待が懸かる。

更なる記録は?

 もっともうかうかはしていられない状況もある。阿部とローズに次ぐ3位には金本知憲と、まだ現役の西武・中村剛也226人斬りでつけている。中村は今季8号を5月17日オリックス戦で小林から放ち、その数字を一人上増ししていた。

 なお、その下の5位は清原和博山崎武司223人斬りでいる。顔ぶれを見れば近年活躍した選手が上位を占める。これは数字の性格上、交流戦の導入が大きく寄与していることから。清原と山崎の2人はセ、パの両リーグで長く活躍したことも理由の一つ。

 阿部が頭一つ抜けだし、さらに餌食とする投手の数を増やしていくのか。はたまた追うおかわり君が一気にまくるのか。沈めてきた投手の顔ぶれというのも、また長距離砲の勲章の一つ。アーチそのものはもちろん、献上してしまった投手にも目を向けてみても面白いかもしれない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

阿部慎之助が通算400号によって生まれた二つの「第3位」の記録とは?前後のレジェンド達は?