藤木直人、伊藤友里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」6月1日(土)の放送では、5月19日(日)に東京・江東区MEGA WEB(メガウェブ)で行われた『Supra is back to Japan Fes』での、e-Motor Sports・山中智瑛(ともあき)選手とのトークイベントの模様をお送りしました。


ゲームを体験する伊藤友里と山中智瑛選手



◆最終レースで1位から失速……
山中選手は、2018年に行われた「FIA GTチャンピオンシップ マニュファクチャラーシリーズ」に、トヨタアジアオセアニアリージョン代表として参加。チームリードし、2位入賞を果たしました。同じく参加した「ネイションズカップ」では、日本人最高の4位入賞。普段は車の部品開発をしながら、4歳から始めた「グランツーリスモ」で、GTドライバーとして世界の頂点を目指しています。

藤木2018年からグランツーリスモSPORTユーザーが参加できる、FIA公認の競技会が行われたんですよね。11月には世界各地から成績優秀選手をモナコに集めて、世界一決定戦「ワールドファイナル」が開かれ、ブラジル人のイゴール・フラガ選手が優勝しました。最終レースまではポイントトップだったのですが……。

山中:今まで国内の大会はあったんですけど、昨年から国際自動車連盟の「FIA」と「グランツーリスモSPORT」がタッグを組んで、世界大会をやるという試みが始まりました。最終戦まではいい戦いができていたのですが、最後のレースは苦手意識のある車と、苦手なコースというところもあって、流れが変わってしまいました。表彰台には上がりたかったのですが、すごく悔しい思いをしましたね。

藤木:でも、世界で4位ですからね。

山中:その嬉しさはあるんですけど、やっぱり“出るからには世界一になりたい”という思いが当然あったので。嬉しいというよりも、悔しい気持ちがいっぱいで、日本に帰ってきました。

藤木モナコと言えばF1レースで市街地でレースをしていますけど、そんなところで大会が行われるというのは参加してみてどうでしたか?

山中すごい不思議な気持ちでした。行われた会場の近くにもF1コースがあって、コースウォークをしてみたんですけど。300km近いスピードで、あんなに狭い道幅でレースをされている本物のF1ドライバーの方たちは、ちょっと次元が違うなと思いました。


トークイベントでは山中選手が実演!



◆「バーチャルリアルは完全に繋がっている」
伊藤:(愛車で)サーキットを実際に走られて、グランツーリスモと繋がってますか?

山中:“完全に繋がっている”と言っていいんじゃないかな、と感じています。

藤木:同じような感覚で、運転できるものなんですか?

山中:例えば“このサーキットはどこを攻め所にしたらいいか”っていうポイントだったりとか。“どこでブレーキを踏んだらいい”“どこでアクセルを踏んだらいい”とか。“どこで何をしたら正しく走るか”というポイントを、予習できるんですね。実際の車だとG(重力)がかかるので、感覚としては本物の方がつかみやすい面があります

伊藤:(2018年は)実際にレーサーとして活躍している、イゴール・フラガ選手が優勝したんですよね。

山中:彼はブラジルレースをしていて“バーチャルリアルが繋がっている”ということを証明してくれたと言っても良いかもしれません。

藤木グランツーリスモ SPORTオンラインユーザーは、全世界に拡大して350万人に達したそうです。手軽にオンラインでもできるので、世界中の人たちともつながる事ができますよね。

山中:そうですね。誰もが簡単に触れられるというところが「eモータースポーツ」の魅力です。世界中のいろんなプレイヤーと一緒に走れるということで“どういう考えを持ってレースをしているのか”という(ことがわかる)のは(言葉など)いろんな壁を越えて非常に魅力的ですね。

◆今秋「国体」でも競技に採用!
藤木:今年の国体から開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」。これは驚きじゃないですか?

藤木:採用されたことに驚きを感じていて。時代が変わってきて「eスポーツ」と呼ばれるものが認知されてきていて、なおかつ認められてきているということなので、嬉しいですね。

藤木2019年シーズン開幕していますけれども、目標を聞かせてください。

山中:(去年)世界を取れなかったので、今年は必ず世界をとりに行くというのが一番の目標です。



次回6月8日(土)の放送は、元サッカー日本代表中澤佑二選手をお迎えします。お楽しみに!
 
----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年6月9日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radikoアプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOYOTA Athlete Beat
放送日時:毎週土曜 10:00~10:50
パーソナリティ:藤木直人、伊藤友里
番組Webサイトhttp://www.tfm.co.jp/beat/


「グランツーリスモ」で世界の頂点へ…e-Motor Sports・山中智瑛の決意