スウェーデン代表の37歳イブラヒモビッチが衰え知らずの曲芸を披露

 LAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが鮮やかなバイシクルキックで観衆を沸かせた。現地時間2日に行われたニューイングランドレボリューションとのホームゲームで、圧巻のゴラッソを決めた。

 本拠地でのニューイングランド戦で、LAギャラクシーは後半15分までに2失点する苦しい展開となった。得点が遠かったなかで迎えた同39分、イブラヒモビッチが得意のアクロバティックなプレーで局面を打開してみせた。

 右サイドバックのDFダニエルスターズロングスローでペナルティーエリア内にボールを送り込むと、LAギャラクシーの選手がパスを繋ぎ、浮き球のパスがファーサイドイブラヒモビッチの元へ。37歳のストライカーは胸トラップしてからボールを右足で高く上げると、ゴールに背を向けた状態から体を投げ出してバイシクルキック。右足でしっかりと捉えたシュートゴールネットに突き刺さった。

 MLS公式サイトが「ズラタンの衝撃バイシクルキック」と紹介すれば、アメリカスポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」も「ズラタン・イブラヒモビッチが常識外れなバイシクルキックで得点」と今季リーグ戦11点目のスーパーゴールを報じている。

 毎年のようにゴラッソを生み出す規格外のストライカーイブラヒモビッチチームは1-2で敗れたが、強烈なインパクトを残した。(Football ZONE web編集部)

LAギャラクシーFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】