Netflixの『Marvel デアデビル』をはじめとするマーベルドラマシリーズ6作品がすべて幕を閉じることになったが、最後に配信を控えている『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』のキャストスタッフが感謝のコメントを発信している。

【関連記事】【まとめ】打ち切りになった『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』、キャストの今後の出演作は?

Comicbook.comインタビューで、クリエイターメリッサローゼンバーグは次のように語っている。「そうね。まずはNetflixに感謝したいし、シリーズを39時間の映画として観ることをお勧めするわ。全エピソードが映画のようなの。各キャラクターに整理がついて、物語が満足いく結末を迎えられることができたわ」とコメント

続いて、弁護士のジェリ・ホガースを演じ、『デアデビル』や『アイアンフィスト』にも出演していたキャリー=アン・モスは、シリーズに出演できたことを誇りに思っている様子。「すごく素晴らしい経験だったわ。以前はマーベルファンの愛を理解していなかったけど、マーベル・シネマティック・ユニバースの初となるレズビアンで、ゲイを公にしているキャラクターを演じられて本当に名誉なことだった」と述べている。

Netflixの全マーベルシリーズは終了することになったが、マーベル・スタジオトップを勤めるジェフ・ローブは、以前にインタビューシリーズを復活させる意思があることを示唆。「我々のネットワークパートナーは、これら偉大なキャラクターの物語を伝え続けることは望ましくないとの決断を下したかもしれない。だが、マーベルはそうではない。マシュー・マードックデアデビルのこと)の父親が、"男の力量はノックアウトされる方法ではなく、どう立ち上がるかで測られる"と言っていたからね」と語っていた。

『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』シーズン3速報動画

ついにファイナルを迎える『Marvel ジェシカ・ジョーンズシーズン3は、Netflixにて6月14日(金)より配信スタート。作品見どころやレビューなどは海外ドラマNAVI作品データベースチェック!(海外ドラマNAVI

Photo:

Marvel ジェシカ・ジョーンズ』©Marion Curtis/Netflix