VWが中国で「ジェッタ」ブランド立ち上げ! 伝統の車種名をブランド名として使用する理由とは

元々はゴルフの4ドア版セダンの名称として世界的に有名

 フォルクスワーゲンの中国での現地合弁会社のひとつで、中国一汽との合弁会社となる“一汽大衆”は3月22日に合弁自主ブランドとなる“ジェッタ(JETTA)”ブランドを正式発表した。合弁自主ブランドとは、外資との合弁会社が立ち上げるオリジナルブランドとなり、中国で現地生産される外資モデルベース車両となっている。ジェッタ

 合弁自主ブランドでの成功例としては、東風日産の“啓辰(ヴェヌーシア)”を挙げることができる。当初は現地生産されていた初代ティーダ(ハッチバックラティオ)をベースにしたオリジナルモデルから始まり、いまではSUVMPVなど多彩なラインアップとなっている。日系ブランドでは広州ホンダが合弁自主ブランドとして“理念”を展開しており、いまはBEV(バッテリーエレクトリックビークル)となるSUV“VE-1”がラインアップされている。ジェッタ

 合弁自主ブランドは外資モデルではなく、“中国車”として取り扱われることになり、政府のインセンティブなどをより有利に受けられるところにメリットがあると聞いたことがある。そのためもあるのか、初代日産リーフは中国市場では啓辰ブランドで販売された。日系以外では上海汽車とGM(ゼネラルモーターズ)の合弁会社“上海通用(通用はGMの意味)五菱汽車”の“宝駿(バオジュン)”ブランドが啓辰と並んで、合弁自主ブランドでは成功したものとして有名となっている。ジェッタ

 合弁自主ブランドの創設は10年ほど前に、各合弁会社で積極的に行われていたので、ここへきて一汽大衆がジェッタブランドを立ち上げたことには、“どのような思惑があるのだろうか?”という話が上海ショー会場で多く聞かれた。

 このジェッタはフォルクスワーゲンゴルフの4ドア版となる車種の車名として、いまも世界市場で使われている。中国市場では途中で大きなモデル変更はあったものの、世界市場では1984年から1992年の間世界市場で販売されていた2代目が、中国市場では初代として一汽大衆において1997年から2013年まで現地生産および販売されており、いまはその2代目が販売されている。ジェッタ

 ブランドとしてのジェッタを立ち上げておきながら、いまも一汽大衆のウェブサイトには現行モデルとしてジェッタがラインアップされているという不思議な状況にもなっている。

若年層対策として名の知れたジェッタの名称を使ったか

 中国市場での初代ジェッタは中国の多くの都市でタクシーとしても活躍したモデルであり、一汽大衆の地元天津に近い北京でも、北京現代のエラントラや、東風シトロエンのCエリッセなどとともにジェッタタクシーが多く走っていた。筆者は懐かしさも手伝ってジェッタタクシーが大好きで、好んでよく乗っていた。ジェッタ

 ジェッタブランド立ち上げについての、一汽大衆のウェブサイトリリースを見ると、ジェッタブランド立ち上げの理由として若年ユーザーの獲得という側面があるとの表記があった。ジェッタ

 中国の自動車市場はいまや世界一となった。日本市場に比べれば一般消費者のクルマに対する視線には“熱い”ものがあり、市場も成長鈍化傾向にあるとはいえ、まだまだ中国全土では伸びしろがあると考えられている。しかし、そのような市場環境下でもすでに沿岸大都市の富裕層の子女を中心に、ライドシェアが普及していることもあり、クルマへの興味が薄れてきているとされている。しかも、中国でメジャーブランドとされている、GMやフォルクスワーゲンなどはすでにユーザー年齢層自体も高まっているとされ、若者離れが懸念されているとされている。ジェッタ

 ただ若年層へ向けたとしても、いまどき合弁自主ブランドを立ち上げるにしても、BEVをはじめとしてPHEVやHEVなどの電動ユニットが搭載されていないのも、一汽大衆の動きがなかなか読み取れないところとされている。中国民族系大手でも新ブランドの積極投入を行っているので、若年層の開拓や、消費者への購買意欲の刺激などにのための新ブランド立ち上げというのもジェッタ立ち上げの理由のひとつと考えられる。

 自動車市場の急成長により、あっという間に世界一となった中国の自動車市場は、BEVなどの普及に代表されるように、日本では考えられないようなスピードダイナミックな動きを日々見せている。このジェッタブランドも今後“大化け”する可能性は十分秘めているといえよう。

ジェッタ

ジェッタ

ジェッタ

ジェッタ

ジェッタ

ジェッタ

ジェッタ

VWが中国で「ジェッタ」ブランド立ち上げ! 伝統の車種名をブランド名として使用する理由とは