映画『新聞記者』の完成披露舞台挨拶が6月4日に丸の内ピカデリーで行われ、シム・ウンギョン、松坂桃李、高橋和也、北村有起哉、田中哲司、藤井道人監督が登壇した。

『新聞記者』完成披露舞台挨拶 その他の写真

日本と韓国の撮影現場の違いを聞かれたウンギョンは「少し違いますね。撮影期間とか。日本はインディーズ映画だったりすると、2週間ほどで撮ってしまうということもあると聞いて驚きました。なので、最初はこの作品に臨むことを悩んだこともありましたが、いざ現場に入った時には自分の持つ集中力をすべて出し切って頑張りました。とても貴重な経験で、自分の芝居も成長したと感じます」と笑顔を見せた。

内閣情報調査室に出向しているエリート官僚・杉原を演じた松坂は「シムさんが言う通り、今回撮影期間が20日ほどと短く、ぎゅっと詰まったスケジュールの中でキャストスタッフも一丸となって演じきりました。杉原は自分の思いや信念を持ちつつ、目の前に起こる出来事に立ち向かう人です。そして自分を問いただすことのできる人間です。自分自身はそういったことができているのかと、考えるきっかけにもなりました」と作品の重みを感じたそう。

また、『新聞記者』というタイトルにかけて、ウンギョンから登壇陣へインタビューをするコーナーも。「セリフを覚える時はどこで?」との質問に、田中が「僕は歩きながらですね。しかも歩きながらしか頭に入らないので、雨の日も外を歩きます」と答えると、ウンギョンは「言い切れますか?」と返し、まさかのコメントに会場は爆笑。松坂も「何かしながら覚えますね。家でも何かしらの負荷をかけてます。焼肉を焼きながらとか」と回答するも、ウンギョンから「以上ですか?」と突っ込まれ、キャスト陣も客席も笑いに包まれていた。

さらに松坂がウンギョンへ「気に入っている日本語は?」と逆質問すると、「『ナウい』ですね」と即答。北村や高橋から「ちょっと古いよね?」「俺の子どもの頃の言葉だよ」と突っ込まれると、ウンギョンは「古いからいいですね。松坂さん、今日ナウいですね」とニッコリ。松坂は少し戸惑いながらも「ありがとうございます」とお礼を言い、キャストの仲の良さが垣間見える会見となった。

『新聞記者』は6月28日より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる。

松坂桃李