映画「貞子」(公開中)の大ヒット御礼舞台あいさつ6月4日東京都内の劇場で開催され、主演の池田エライザが登壇。

【写真を見る】池田エライザが“あのポーズ”を決めてくれた

同映画は、日本を代表するホラーシリーズの最新作で、第1作の映画「リング」(1998年)で日本中を震撼させた中田秀夫監督がハリウッド版「ザ・リング2」以来14年ぶりにシリーズに帰還し、怨霊“貞子”の真の恐怖を現代人にたたきつけるホラー作品。

心理カウンセラーの茉優(池田)の元に、一人の記憶障害の少女が入院してくる。やがてその少女は、1週間前に公営団地で起きた放火事件の犯人・初子(ともさかりえ)が人知れず生み育てていた子どもであることが判明。

少女と真摯(しんし)に向き合う茉優だったが、次第に彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める…というストーリーだ。

初日舞台あいさつでは体調不良のため欠席し、今回やっと舞台あいさつに登壇できた池田は「皆さまにお会いできる機会をあらためて頂けてとっても幸せです」と明かし、初日に登壇できなかったことについて「本当に悔しかったです! (他の登壇者の)皆さんがイジってくださって、本当にありがたいなって思っていました」と当時の心境を語った。

また、撮影について「佐藤仁美さんはアグレッシブに(恐怖を)表現されていて、『ここまでやっていいんだな』っていう気持ちにさせていただいて、中田秀夫監督の世界観を教えていただけた瞬間でしたね」と振り返った。

そんな中、「どこまで言っていいんだ? 洞窟内に溜まっている水の色は、入浴剤でおどろおどろしさを出してたんですよ」と裏話を披露する場面も。

最後に「この映画に込めた思いが皆さんに伝わっているといいなと心から思っております。また、何度でも見たくなるようなものになっていると思うので、ぜひまた劇場に足を運んでほしいなって思っています」とアピールした。(ザテレビジョン

浴衣姿で登壇した池田エライザ