エイチ・シー・ネットワーク株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:大江 愼一)は、病院向け情報ネットワークシステムソリューション「M1-NET」(Medical One Network)の提供を開始しました。自社開発Adapterシリーズネットワーク構築ノウハウを集結し、病院の情報通信インフラを支えてまいります。

■M1-NETとは

Medical 1st を支えるNETworkingであり、医療分野における通信インフラの安定運用をコンセプトに提供するソリューションです。電子カルテネットワークインターネットネットワークなど、院内ではさまざまなネットワークが存在します。さらに各部門サーバーも増加する一方です。無尽蔵なシステムの増加は、導入・運用コストの増加、さらには、セキュリティリスクの脅威に対応するためのコストも増加します。HCNETは、M1(Medical First)というコンセプトのもと、さまざまなメーカーの最新ソリューションから、貴院に最適な統合ネットワーク基盤をご提案します。


詳細は以下のURLからご覧いただけます。
https://www.hcnet.co.jp/solution/medicine/medicine.html


■M1-NETによるTCO削減効果
統合ネットワーク基盤に移行することで、ハードソフトを集約し費用を削減することが可能です。


■M1-NETの構成・機能
・統合医療ネットワーク
システムごとに物理的に作る単独ネットワークから、セキュリティ・柔軟性・経済性を考慮した統合医療ネットワークを提案します。

・認証システム
統合医療ネットワークを構成する必須アイテムであり、セキュリティ強化(不正アクセス防止)機能、運用を支えるユーザー申請機能はじめ、運用しやすい認証システムを提供します。

サイバー攻撃自動防御機能
さまざまなしくみを組み合わせた「多層防御」や不正端末をネットワークから自動的に遮断します。

・統合基盤サーバー
サーバー、ストレージ、SANネットワークをひとつのアプライアンスに統合します。

■遠隔医療・地域連携
2018年度診療報酬改定では、「オンライン診療」が新設されましたが、医療分野でも遠隔でのコミュニケーションツールの導入が進んでいます。遠隔医療のみならず、院内での会議や学会、地域連携など、さまざまなシーンで活用いただけます。

テクニカルサービスセンタ(TSC
弊社監視センターテクニカルサービスセンタ」にて24時間365日で受付対応します。現地保守エンジニアをお客さま先へ派遣します。リモートメンテナンスや運用支援など、さまざまなメニューでお客さまのシステム全体をサポートします。

■M1-NET出展情報
第23回日本医療情報学会 春季学術大会 (2019年6月6日~8日 熊本市民会館)において、エイチ・シー・ネットワークス出展ブースにて展示します。https://www.hcnet.co.jp/event/23.html

■エイチ・シー・ネットワーク株式会社
エイチ・シー・ネットワークスは、高品質&信頼ネットワークの提供をビジョンとするネットワークインテグレーション会社です。30年以上のシステム構築実績を生かし、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「ビジュアルコミュニケーション」、「トータルマネジメントサービス」のフィールドで、提案から構築・保守までワンストップでトータルネットワークソリューションを提供しています。詳細は以下のURLからご覧いただけます。
https://www.hcnet.co.jp/


■本ニュースリリースに関するお問い合わせ
〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-22-16ヒューリック浅草橋ビル4F
エイチ・シー・ネットワーク株式会社 営業本部 営業開発部 営業推進グループ
お問い合わせURLhttps://www.hcnet.co.jp/inquiry/

■登録商標
HCNETおよびそのロゴは、エイチ・シー・ネットワーク株式会社の商標または登録商標です。本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース記載の情報(製品・サービスの内容、仕様、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

配信元企業:エイチ・シー・ネットワーク株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ