エヴァートンは4日、元イングランド代表DFフィルジャギエルカの退団を発表した。

 1982年生まれで現在36歳のジャギエルカは、2007年シェフィールド・ユナイテッドからエヴァートンへ加入。以降12シーズンで公式戦通算385試合に出場し、6年に渡って主将も務めた。また2008年デビューを飾ったイングランド代表でも通算40試合に出場した。

 同選手は自信の公式SNSを更新し「退団決定まで来シーズンのことは決めかねていた。12年に渡る素晴らしいエヴァートンでの僕の旅はここで終わりだ。エヴァートンの一員として380試合以上に出場したこと、キャプテンとして6年プレーしたことは本当にラッキーだったね。僕が言えるのは支えてくれたクラブスタッフや会長、アメイジングなファンありがとうということだ。この素晴らしいクラブに関わっている全ての人の未来での成功を願って」と感謝の言葉を綴っている。

エヴァートンがジャギエルカの退団を発表 [写真]=Getty Images