画像は動画をキャプチャ

人気YouTuberたちがここ最近、相次いでタガメの食レポ動画を投稿している。6月2日以降、10本以上公開されており、ツイッターでは「なんで最近YouTuberタガメ食べてるの?」といった声が多く寄せられている。

タガメ動画は、あやなんさん、ゆきりぬさん、てんちむさん、大関れいかさんアバンティーズらが投稿。パッケージングされた食用の乾燥タガメを使っている。タガメに対して強く拒否反応を示し一部のみ食べる人もいれば、頭から丸ごと食べる人もいる。

「若干香ばしさがあり緑茶とマッチしました」という味わい

味については、

和菓子って感じ。すごく香ばしい味がしますね」(ねおさん)
アジアに売ってるお菓子。匂いはマジでしけった畳だったんだけど味自体はそんなに悪くない」(かねこあやさん
「塩味が付いていてお豆の味がします」(古川優香さん

といった声があがっていた。また「味わって食べなかった。若干香ばしさがあり緑茶とマッチしました」(ゆきりぬさん)という人もいた。いずれの動画も数十万回再生されている。タガメの強烈なビジュアルと美人YouTuberコントラストが魅力のようだ。

一見、YouTuber界隈で空前のタガメブーム到来のように見える。しかし実は企画もの。あやなんさんが先日主催した「第一回女性YouTuber大運動会」で負けたチーム全員が、罰ゲームとしてタガメの食レポ動画を投稿するというものだった。

ただ、この相次ぐタガメ動画に触発されて、タガメを調理して食べるYouTuberなども出てきており、もうしばらこのムーブメントが続きそうだ。

また、タガメの人気はリアルにも飛び火。昆虫食を販売する「昆虫食のTAKEO」東京都台東区)の店長・三浦みち子さんは、

「昨日、一昨日と『YouTubeで見た』と来店する人がいました」

と話す。

同社運営のネットショップでもタガメの売れ行きが上がっているという。ただ、今回YouTuberが実食していたのは生ではなく、長期保存できるように加熱加工で乾燥させたタガメだ。三浦さんは「タガメは本来、洋梨のようなフルーティーな香りがします。でも加熱乾燥されたタガメだと香りがしません」と語った。