【大きい画像を見る】『ディビジョン2』タイトルアップデート4の情報が一部公開―「ガンナー」や「弾薬ゲージ」、スキルツリー見直しなど

ユービーアイソフトMassive Entertainmentは、『ディビジョン2』の公式ライブストリーミングState of the Game」にて、タイトルアップデート4に関する情報を一部公開しました。

123回目となった「State of the Game」では、司会進行役のHamish Bode氏に加え、リード3CデザイナーのFrederik Thylander氏が参加。今回のライブストリーミングで語られた内容は以下の通りです。


メンテナンス

月曜日に配信したパッチ3.1では、敵AIの不具合を多数修正。
PvP用のアーマー値が意図しない数値となる不具合を修正。
射撃場の「命中率」レーンにて、弾丸の判定が無くなる場合があるという報告を受け調査を実施。この不具合は射撃場の中でだけ発生し、それ以外の場所では発生しないことを確認済み。
今週木曜日の定期メンテナンスは無し。しかし、金曜日メンテナンスを行う可能性がある。
詳細なパッチノートフォーラムリンク先英語)にて確認可能。


タイトルアップデート4がPTSサーバーにて試験稼働中

新スペシャリゼーション「ガンナー」がPTSサーバーにて使用可能。

正式実装後の「ガンナー」解除には任務「Special Field Research」の完了が必要。
「ガンナー」は「Pulse」の新ヴァリアントバンシー」や、「ライオットフォーグレネード」を使用可能。
「Year 1 Pass」をお持ちの方は「ガンナー」が即時解除され、任務「Special Field Research」を完了させた場合、限定追加報酬を入手可能。


リード3CデザイナーFrederik Thylander氏によるアップデート方針の解説

シグネチャーウェポンの弾薬ドロップを廃止し、代わりに新たな「弾薬ゲージ」UIを追加。このゲージが溜まったときにシグネチャー弾薬を獲得できる。

「弾薬ゲージ」は時間経過で蓄積されるほか、ヘッドショットしたり、状態異常の敵を倒したりすることでゲージの溜まりが早くなる。
「弾薬ゲージ」の導入により、シグネチャーウェポン弾薬ドロップランダム性が緩和され、いつ入手できるようになるかが視覚的に把握できるように。
それぞれのスペシャリゼーションのスキルツリーに、各武器種攻撃力アップのパッシブタレントがそれぞれ追加。

これにより従来の「アサルトライフル」であれば「サバイバリスト」、「ライフル」であれば「シャープシューター」といった制限がなくなる。ただし割り振れるスキルポイントの上限があるため、全武器種のタレントを最大強化することは不可能
既存のシグネチャーウェポンの中でも、スナイパーライフルクロスボウの有用性が低いことを認識しており、強化を予定。PTSサーバーにはこの強化は反映してない。
一般MODが新設の「一般MODスロット」にしか適合しないように仕様変更される。
スキルビルドをDPSビルドやタンクビルドと同等の有用性となるよう調整予定。
占領ダークゾーンにて、宣言無しのローグ化(前作の初期DZと似た仕様)が可能に。

ディビジョン2』通常版はPS4Xbox One、PC(Ubisoft Store)にて、9,072(税込)で発売中です。Epic Gamesストアでは現在一時的に販売が取り下げられています。【ほかの画像を見る】『ディビジョン2』タイトルアップデート4の情報が一部公開―「ガンナー」や「弾薬ゲージ」、スキルツリー見直しなど
『ディビジョン2』タイトルアップデート4の情報が一部公開―「ガンナー」や「弾薬ゲージ」、スキルツリー見直しなど