■コツをつかめば意外と簡単!赤スカートを着こなすには?

【詳細】他の写真はこちら

インパクトのある赤スカートは着こなすのが難しそう…。そんな方は、ちょっとしたコツを押さえておきましょう!
・「赤」だけが独立したコーデにしない
主張の強いアイテムだからこそ、赤だけが目立ってしまうと「似合わない」と思われがち。トップスを赤と相性のよいモノトーンやベーシックカラーでまとめながらも、大ぶりのアクセやデザイン性の高いバッグといった特別感のあるアイテムを投入すれば、赤のスカートだけが悪目立ちすることもありません。また、スカートだけでなくシューズやバッグなどの小物にも赤を取り入れることで、全体としてまとまりのあるスタイリングに仕上がります。
・自分にはどんな赤色が似合う?事前にチェックしてみて!
彩度のはっきりした赤から、深みのあるワインレッド、テラコッタ系の赤など、その種類はさまざま。似合う“赤”も人によって異なります。ブルベさんにおすすめなのが、ワインレッドボルドーといった、少し青みがかった赤。深みのある赤が肌の色とよくなじみ、より透明感を引き立ててくれるのだとか。イエベさんには、レンガ色の赤や朱赤など黄みがかった赤が似合うよう。華やかであたたかみのあるカラーが、イエベさんの持つ優しげな雰囲気にぴったりです。
・赤が映える季節っていつ?
色ごとにイメージに合う季節もあります。赤は春先や真冬に似合うカラーなのだそう。春のワクワク感を表現したり、暗くなりがちな真冬の着こなしに温度感と鮮やかさをプラスしたりと、赤いアイテムがきっと活躍してくれるはず。赤スカート初心者さんは、こうした季節を狙って挑戦してみてもよいかもしれませんね。


■無地でも華やかさは抜群!赤スカートを使ったコーデ
まずは無地の赤スカートを使ったママコーデからチェックカジュアルコーデもきれいめコーデもできちゃいます。
・リネン素材の赤スカートなら、ブラウンとのコーデも軽やかに

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:岡部 直子さん(33歳)お子さん:陽菜ちゃん(2歳11カ月)赤×茶のこっくカラーでまとめたコーデ。深みのある色合いながら、リネン素材の赤スカートナチュラルで軽やかな印象を演出してくれます。スカートは『niko and...(ニコアンド)』のもの。ストンとしたシルエットも、大人っぽく着こなせるポイントのひとつです。インナーに着た白が、よりさわやかな印象に仕上げてくれていますね。娘ちゃんと配色をそろえて、こなれ感抜群の母娘コーデに♡



・プチプラに見えない!深い赤のプリーツスカートで品よく♡

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:林 みほさん(30歳)お子さん:そうたくん(0歳9カ月)こちらの赤スカートは、『GU(ジーユー)』でゲットしたものなのだとか。深い色味とプリーツの質感が相まって、華やかながら落ち着いた印象に仕上がっています。赤スカートと合わせたのは、ギンガムチェックトップス。ガーリーなギンガムチェックも、モノトーンをチョイスすることで甘すぎない大人の着こなしに。かごバッグで夏らしいさわやかさもプラスしています。息子くんとのリンクコーデも決まっていますね♡



・赤スカート×ブルーシャツでマリンルックもお手のもの

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:紺屋 莉愛さん(24歳)お子さん:碧愛くん(1歳10カ月)ママが着用しているハイウエストの赤スカートは『H&M(エイチアンドエム)』のもの。幅広プリーツのトラディショナルな雰囲気が、シャツのきちんと感とマッチしていますね。足元はスリッポンタイプのシューズではずしてみるのも◎上品なシルエットながらもあか抜けた印象に仕上がっているのは、華やかな赤スカートだからこそ。赤×青を娘ちゃんとそろえ、さわやかマリンルックのできあがりです。



カジュアルコーデをビビットな赤ボトムスで格上げ!

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:大貫 喜美江さん(36歳)お子さん:琉聖くん(3歳)お子さん:智巴哉くん(9歳)ボーダートップス×ライトデニムシャツの王道カジュアルも、ボトムスに赤を持ってくることで華のあるスタイリングに。ひとクセあるワンショルのトップスで、女性らしいヘルシーな肌見せも叶っていますね。ママのスカートと息子くんのパンツビビットネオンレッドが、夏らしいフレッシュな印象を感じさせます☆グリッターサンダルとかごバッグで夏らしさをさらに加速!



・赤スカート以外は白で統一!清潔感も抜群♡

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:田村 佑佳さん(33歳)お子さん:歩向くん(1歳3カ月)ママ:須野 杏奈さん(28歳)お子さん:翔人くん(1歳8カ月)主張の強めな赤スカートさわやかにまとめるのは難しい?いえいえそんなことはありません!こちらのコーデのように、スカート以外を白で統一すれば清潔感のあるスタイリングに。ママたちのスカートは『UNIQLOユニクロ)』、スニーカーは『adidas(アディダス)』のスタンスミスでおそろいなのだとか。ドレッシーなチェーンバッグが、白と赤のシンプルな色遣いにアクセントを加えていますね。小物使いも決まった、赤スカート仲良しママコーデです。

■柄物の赤スカートはどう着こなす?おしゃママのお手本コーデ
インパクトのある赤スカートチェックや花柄など、柄が入るとさらに難易度が上がりそう。おしゃれママたちはどんな風に着こなしているの?
・フェミニンな柄スカートをスニーカーでカジュアルダウン

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:近藤 恵梨奈さん(34歳)お子さん:眞育くん(2歳2カ月)シンプルな白Tシャツと合わせれば、赤の柄スカートもくどくなりません。こちらのスカートは、赤地に白の小花柄がフェミニンな印象。足元はあえてスニーカーではずすことで、スカートロマンティックさが際立ちます♡息子くんの首元に巻いたバンダナはママのおさがりなのだとか。ママのスカートとさりげなくリンクしているのもポイントです。



ブラウン寄りの赤スカートならレトロかわいい印象に♡

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:佐山 詩織さん(24歳)お子さん:智陽くん(2歳4カ月)同じ小花柄でも、レンガ色のような赤スカートならレトロかわいい雰囲気になりますね。こちらはユニクロゲットしたものなのだそう。ボリュームのあるシルエットが、ふんわりと優しげなシルエットを演出します。こっくりとした色味のスカートながら、透け感のあるブラウスと合わせることで涼しげな雰囲気も。柄のヘアバンドやサボ風のシューズもコーデ全体のテイストマッチしていますね。

存在感も主役級!赤いワンピースコーデ
より赤の面積の大きいワンピースも、存在感抜群。おしゃれさんたちは小物をじょうずに合わせて着こなしているみたい!
マキシワンピなら1枚でさらりとキマる♡

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:吉平 良枝さん(30歳)お子さん:理人くん(1歳8カ月)1枚でリゾート風の着こなしがキマるのが、マキシワンピの魅力。リラックス感のあるマキシワンピも、鮮やかな赤なら主役級コーデに!こちらの『MAISON DE REEFUR(メゾンドリーファー)』のワンピは、ティアードデザインがより華やかに魅せてくれますね。シルク入りで肌触りもさらりと心地よいのだとか。バッグやサンダルの素材感もワンピースの夏テイストマッチしています。息子くんはブラウンでまとめ、親子でおしゃれなワントーンコーデに☆



デニムと合わせてキレイ目カジュアル

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:佐野 美紀さん(36歳)お子さん:はるみくん(3歳)存在感のある赤ワンピも、ボトムにデニムを合わせればデイリースタイリングに。首元に巻いたレオパード柄のスカーフが目線を上げ、シンプルシルエットにメリハリと華やかさを加えています。赤の面積を調節したい方にもおすすめのテクですよ☆バッグは『MICHAEL KORS(マイケルコース)』のもの。カジュアルコーデを上品な小物で引き締め、大人の余裕を感じる着こなしに仕上がっていますね。



・赤の柄ワンピはほかのアイテムシンプル

出典:mamagirl 2019年全国親子スナップ

・お名前&年齢ママ:村田 愛さん(34歳)パパ:真也さん(35歳)お子さん:おうすけくん(0歳7カ月)ヴィンテージ風の柄が目を惹く『ZARA(ザラ)』の赤ワンピを着こなしたこちらのコーデ。足元には真っ白な『CONVERSE(コンバース)』のスニーカーをチョイスして、軽やかに仕上げつつカジュアルな印象も。フェミニンなシルエットワンピースにほどよい抜け感がプラスされていますね。パパ、ベビーといっしょに、赤・黒・緑のスイカカラーでまとめたのだとか。違う色を使いながらも統一感がある仲良し家族コーデです。

■赤スカートオシャレコーデ、ぜひ参考にしてみて!
フェミニンなスカートコーデも、赤をチョイスすることでより華やかな印象に仕上がりますね。ワードローブに加えれば、着こなしの幅が広がるはず。オシャレママたちのコーデを参考に、あなたもぜひ挑戦してみてくださいね

撮影/亀谷 光(札幌)、眞板由起(NOSTY/仙台)、生田祐介・モリサキエイキ・野口マサヒロ(BIEI/東京)、安田慎一(名古屋)、奥山栄樹・井上雅央TRYOUT/大阪)、武田洋輔(gabby Photo/福岡)
(mamagirl
掲載:M-ON! Press