昨年5月に中国の成都で開催されたサッカーパンダカップ」で優勝した韓国U-18チームの選手が優勝トロフィーを踏みつけて記念撮影し、さらに他の選手がトロフィーに向かって用を足す「立ちションポーズをしたことなどが原因で、トロフィー没収・優勝剝奪の厳罰を受ける事態へと発展した。

 この一件が「精神的にまだ幼い子どもの出来心」で済まされず、世界中で問題視されているのは、韓国チームスポーツマンシップに反する行動をこれまでも繰り返してきたからだ。

・今すぐ読みたい→
韓国U-18が優勝杯を「踏みつけ」で主催の中国が激怒、現地紙「日本人はゴミを拾う・・・」 https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-tread-on-a-trophy/



 

◆独島(竹島)プラカード事件
2012年ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦。日本を2-0で下した試合後、韓国代表の朴鍾佑選手が上半身裸になり、国旗の太極旗と一緒に「独島(竹島の韓国名)はわれわれの領土」と韓国語で書かれたメッセージを掲げてピッチを走り回った。五輪憲章では政治的宣伝を禁止しており、重大な違反として国際問題へと発展。国際オリンピック委員会IOC)は同選手に代表2試合出場停止と罰金処分を科した。

浦和レッズと乱闘事件
2017年アジアチャンピオンズリーグACL)決勝トーナメント1回戦第2戦で浦和(日本)と対戦した済州(韓国)が延長の末に0-3で敗れ、2戦合計2-3で準々決勝進出を逃した。試合後に済州の選手が「挑発ポーズをされた」と浦和の選手に襲いかかって、両軍入り乱れての大乱闘に。アジアサッカー連盟は浦和阿部に肘打ちした選手ら3人の処分を発表。試合中に退場となりながら乱闘に加わった選手には6カ月の出場停止処分と罰金の厳罰が下された。済州、浦和の両クラブにも罰金処分が科された。

ボール蹴りつけ事件
2017年ロシアW杯最終予選。中国戦で韓国代表のファン・ヒチャン選手が、倒れて無防備な相手選手に向かって、胸元にあったボールを思いきり蹴って体にぶつけた。中国は1-0で勝利したものの怒りが収まらず、SNSでは韓国チームと当該選手へバッシングの嵐だった。

◆反則連発事件
2018年ロシアW杯。「死の組」といわれるグループFに入った韓国代表は、反則数が初戦スウェーデン戦で23個、第2戦メキシコ戦の24個は同大会ワースト記録だった。キーパーに足の裏を向けたスライディンキック、のど付近にエルボーを加えるなど、技術で上回る相手を故意にファウルで止める場面が目立ち、物議を醸した。メキシコ代表監督が「好ましくない24個のファウルに対し、今後のために必要な予防と判断措置が取られることを願う」としかるべき対応をしなかった審判にも苦言を呈した。

◆握手拒否事件
2018年アジア大会。格下のマレーシアに敗れた際、決定機を外した韓国代表のファン・ヒチャン選手が試合後の慣例となっている相手チームとの握手を拒否。最低限のスポーツマンシップを欠く愚行に、同選手のSNSに批判が殺到。瞬く間に炎上し、SNSを非公開に切り替えたという。

 国際的に「レッドカード」を受けてもおかしくない事件を頻発している韓国。トロフィー踏みつけ問題は、氷山の一角にすぎないことがわかる。サッカーに限らず、ルールマナーを守らなければ、スポーツは成立しない。何より、ケガの危険度が高まる。勝ちにこだわり、どんなに熱くなったとしても、礼節を忘れてはならない。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
韓国U-18が優勝杯を「踏みつけ」で主催の中国が激怒、現地紙「日本人はゴミを拾う・・・」 https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-tread-on-a-trophy/

韓国サッカー「優勝杯踏み付け問題」だけじゃない、韓国チームの歴代事件簿