BMW6月5日、新型『M8クーペ』(BMW M8 Coupe)と新型『M8カブリオレ』(BMW M8 Cabriolet)に、「Mパフォーマンスパーツ」を設定すると発表した。

【大きい画像を見る】BMW M8 新型のMパフォーマンスパーツ


◆レーシングカーのM8 GTEをはじめ、モータースポーツ参戦から得られたノウハウを導入

Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズだ。BMW子会社で『M3セダン』や『M4クーペ』などの開発・生産を手がけるBMW M社が、BMW主力車のスポーツ性能を引き上げる目的で用意したアイテム群を指す。レーシングカーのBMW『M8 GTE』をはじめ、モータースポーツ参戦から得られたノウハウが、Mパフォーマンスパーツの開発に生かされている。

すでに、『5シリーズ』、『6シリーズ』、新型『3シリーズ』やSUVなど、BMWの主力車種の多くに、Mパフォーマンスパーツが設定済み。今回、欧州で発表されたばかりの新型M8クーペと新型M8カブリオレに、早くもMパフォーマンスパーツが設定された。

新型M8クーペと新型M8カブリオレには、BMW Mが開発を手がけた直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。最大出力は600hp/6000rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5600rpmだ。0~100km/h加速3.3秒(カブリオレは3.4秒)、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。オプションの「Mドライバーパッケージ」ではリミッターが解除され、最高速305km/hに到達する。

さらなる高性能を求める顧客には、「コンペティション」を用意する。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力がプラス25hpの625hp/6000rpmへ向上。最大トルクは76.5kgmで変わらないが、1800~5800rpmと、より幅広い領域で引き出される特性とした。0~100km/h加速は3.2秒(カブリオレは3.3秒)と、0.1秒短縮される。最高速250km/h(リミッター作動)で、オプションのMドライバーパッケージではリミッターが解除され、最高速305km/hとなる。

カーボンファイバー製パーツは独特のパターンが見えるデザイン

外観には、Mパフォーマンスカーボンファイバー製パーツラインナップした。ハンドメイドカーボンファイバー製フロントグリルカーボンファイバー製サイドデコレーショングリルは、カーボンファイバー独特のパターンが見えるデザイン。新型M8クーペと新型M8カブリオレに、レーシングカーの雰囲気を反映させる。

Mパフォーマンスのシルアタッチメントも装着できる。クリア&高光沢ポリッシュ仕上げとした。M パフォーマンスエンジンカバーは、ボンネットを開けた際、高性能なV8ツインターボエンジンの存在を強調する。

スポーツブレーキパッドはより短い制動距離を実現

Mパフォーマンススポーツブレーキパッドは、耐熱性が高く、レスポンスを引き上げ、より短い制動距離を実現する。このスポーツブレーキパッドの開発には、BMW モータースポーツのレーシングカーのノウハウを応用している。BMWによると、コーナリングでの制動時の性能をとくに追求しているという。

インテリアには、カーボンファイバー+アルカンターラのMパフォーマンスプロ仕様のステアリングホイールを設定する。レザートリムとグリップ部分のアルカンターラが特長で、優れた操縦感を実現する。シフトマークを太字の赤で表示したカーボンファイバー製パドルシフトを用意した。滑りにくいM パフォーマンスフロアマットも装着できる。

M パフォーマンスのホイールバッグもラインナップする。これは、ホイール&タイヤを保管し、輸送するための実用的なソリューションだ。ドライバーと車両を汚れから保護して、車両への積み込みも楽に行える。Mパフォーマンスによるデザインは、自宅のガレージでもレースの雰囲気を演出するという。Mパフォーマンス自動車カバーも用意している。【ほかの画像を見る】BMW M8 新型のMパフォーマンスパーツ

BMW M8 新型のMパフォーマンスパーツ