遊撃で華麗な美技、難しい体勢からの送球も「とても簡単そうに見せる」

フィリーズ 7-5 パドレス(日本時間6日・サンディエゴ

 パドレスマニー・マチャド内野手が5日(日本時間6日)、本拠地フィリーズ戦で圧巻の美技を見せた。二遊間へのゴロを捕球すると、華麗に回転しながら一塁に送球。難しい体勢から投げたボールダイレクト一塁手のグラブに収まりアウトとなった。おなじみの“鬼肩”送球の動画をMLB公式サイトが公開すると、ファンから「どこでもどんな送球でもできる」と脱帽の声が上がっている。

 初回にいきなり魅せた。2死走者なしの場面。セグラの打球がグラウンダーで二遊間へ飛んだ。遊撃のマチャドはこの打球に追いつくと、そのまま斜め後ろにステップしながら横に回転。スピンしながら一塁にボールを送った。

 二塁ベース後方からの難しい送球となったが、“鬼肩”の持ち主からのボールダイレクト一塁手のグラブへ。セグラはギリギリでアウトとなった。

 MLB公式ツイッターは、このプレーの動画を「マチャドは良い動きをしている」と公開。すると、ファンからは「この男はどこでもどんな送球でもできる」「なんて送球」「スムーズ」「史上最高」「とても簡単そうに見せる」などとコメントがついた。さらに、相手のフィリーズにはマチャドと同じくオフにFAで大型契約を結んだハーパーがいるとあって、「ハーパーよりもずっと良い」という声も上がった。

 打率.250、10本塁打、31打点と打撃はまだまだだが、スランプのない守備では度々美技を見せているマチャド。まだまだ見せ場を作ってくれそうだ。(Full-Count編集部)

パドレスのマニー・マチャド【写真:Getty Images】