舞台『錆色のアーマ』 -繋ぐ-が、6月6日(木)より東京・天王洲 銀河劇場にて開幕した。 “アーマ”と呼ばれる武器を携えた男たちの集団・雑賀衆の頭である孫一(まごいち)を佐藤大樹EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)が、織田信長増田俊樹が演じW主演を務める完全オリジナルストーリーで、同日にはアニメ化されることが発表された。ここでは開幕直前に行われた会見とゲネプロの様子をレポートする。

舞台版を皮切りにメディアミックス展開を行う“逆2.5次元プロジェクトとして、2017年に上演された舞台『錆色のアーマ』の続編。戦乱の世を舞台に、天下統一を夢見た男たちが、企み、惹かれ合い、裏切り、葛藤するそれぞれの生き様を描いた物語となっている。

ストーリーは前作の続きからスタート。炎に包まれた本能寺にひとり佇む信長の前に、不穏な影が現れる。一方、孫一をはじめとする荒木健太朗演じる鶴首(つるくび)、永田崇人が演じる蛍火(ほたるび)、平田裕一郎が演じる黒氷(くろひょう)、木偶(章平)、アゲハ(神里優希)ら雑賀衆の面々が帰還した喜びも束の間、雑賀の里を含む五つの国で成り立つ紀州惣国の筆頭・藤白(石渡真修)は孫一にある命を告げることに。

天魔王織田信長の死を受け、その地盤を継ぐ羽柴秀吉の裏で暗躍する陰陽師・賀茂在昌(丘山晴己)は兄弟鬼・酒呑童子(田中しげ美)と茨木童子(佐藤永典)の封印を解き、ある企みを実行に移す。秀吉は病弱な息子・秀勝(玉城裕規)の命を繋ぐため、アーマや孫一を狙い始める。

稽古場レポートでもお伝えしたように、本作ではキャラクター同士の関係性や過去が深く掘り下げられている。孫一と信長はもちろん、まるで親と子のような絆で結ばれた鶴首と蛍火、新たに明らかになる黒氷と藤白の関係、木偶の温かな家族、祖国と一族を滅ぼされ双子の姉も失ったアゲハ、そして孫一と秀勝の出会い――。自分と向き合い、信念を持ってぶつかり合っていく姿に息をのむだろう。

パワーアップしたのがアクションシーンだ。雑賀衆や藤白たちは、もはやアーマと一心同体。殺陣では剣や槍としての機能も使いこなして立ち回り、ここぞという場面ではアーマの必殺技が炸裂する。通し稽古取材からそれほど間を置いていないが、共闘時のコンビネーションや敵対する相手との緊迫した間合いなど格段に進化している。舞台の端から端まで、ハイスピードで展開されるので一瞬たりとも見逃せない。

ストレートプレイらしさが際立つが、もちろん歌やダンスも健在。パフォーマーとしての実力を存分に生かした佐藤のパワフルな踊りと歌声、声優としてのスキルに裏打ちされた増田の歌唱シーンは必見だ。さらに新キャストである丘山が妖艶に歌い上げる場面も。

終盤、畳みかけるような怒涛の展開が待っている。クライマックスに訪れるシーンでは、キャストの息遣い、足音、些細な動作にもぜひ注目してほしい。舞台版に引き続き、孫一役を佐藤が、信長役を増田が演じることが決まったアニメ化の続報も楽しみに待ちたい。

ここからは、佐藤と増田、演出・上演台本を手掛けた元吉庸泰が登壇した会見の模様をお伝えする。

本作への意気込みについて、孫一役の佐藤は「初演の時に必ず次をやりたいね、と全員で話していたので2年越しに叶って嬉しい。今回、新キャストの方が個性豊かで豪華。いろんな要素が詰まった新作公演をぜひ楽しみにしていただきたいです」と喜びを語った。織田信長役の増田は「演出が相当激しく、今回は孫一がずっと走り続けている感じ。僕が出ていない場面では大樹に向かって『全員がきっとその背中を追いかけて走ってくれるから、後ろを振り向かずに前を向けば大丈夫だ!』と思いながら臨んだ稽古期間でした」と振り返った。

元吉は「企画段階から全スタッフの祈りを込めて“繋ぐ”というタイトルを付けた。演出面は前回からまったく拵えを変えており、前作を見た方は驚かれるんじゃないかということもたくさんある。いい原作、いい演劇として走っていけるような形になった」と自信をのぞかせた。

続いて、アニメ化の報せとともに佐藤、増田の両名がキャストとして出演することが発表された。佐藤は「(声優について)わからないことだらけなんですけど、増田さんの力を借りて頑張ります」と信頼を寄せた。これに対し増田は「そのまんまやれば大丈夫だよ。だって、僕らが原作ですから!」と力強いエールを送り、「僕ら芝居をする人間としては、媒体が変わるだけでやることは変わらず、大樹の背中を見て突き進んでいくことも変わらない。早く臨みたいです」と熱を込めた。

今作でスケールアップした点について聞かれた佐藤は「堂々と舞台に立てるようになった。前作の時はEXILEで最年少メンバーだったのでいつも後ろにいることが多かったのですが、今はFANTASTICSのリーダーやらせてもらい、2年のあいだに出会いや別れも経験した。さらに雑賀衆という自分の居場所ができ、周りのキャストにも支えてもらいながら孫一としての居方が変わった」と答えた。増田は「現場では頑なに信長モードだったんですが、初演の中盤くらいから僕の化けの皮が剥がれ始めて(笑)。雑賀衆の面々には“悪ノリが過ぎる増田”がバレているので、休憩中は開放的で気楽に過ごさせてもらいました」と座組の仲の良さをうかがわせた。

取材・文・撮影=潮田茗